Vivienne Westwood Spring/Summer 2020 Collection「No Man’s Land」“地球に良いことは、経済も良くする” “地球に悪いことは、経済も悪くする”

Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)の2020春夏コレクション「No Man’s Land」。荒地を具現化したセットは、大量消費が進んだ将来を予見している。この数年のうちに転換期を迎えなければ全てが後の祭りとなるだろう。私達は今日から活動を始めなければならない。明日からでは遅すぎる。前回のショーで表現したRot$(腐った金融システム)は、私達自身の問題であり、その解決策を今回のコレクションで明らかにすると約束した。その動画は今もオンラインで見ることができる。本来の豊かさとは、この大地と人智であると考える。私達の将来は常に地球と共にあり、富の公平な分配が出来るかにかかっている。つまり、この世界は誰の所有地でもないということ。自然界が私達に与える産物は個人で所有すべきではなく、誰にも属していない。‘世界は誰のものでもない’が私達の未来。私達はこの機会に、大量消費から品質主義への変革を志向した最善のコレクションを発表する。無駄を省くことがサステナブルだと考えている。“地球に良いことは、経済も良くする” “地球に悪いことは、経済も悪くする”