3.1 Phillip Lim Spring/Summer 2020 Collection ”3.1 グローバル シティズン”に向けたイージーでありながら洗練されたワードローブドレッシングを表現

3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム)の2020年春夏コレクションは、「3.1 グローバル シティズン」に向けたイージーでありながら洗練されたワードローブドレッシングを表現。ユーティリティやユースフルなテーラリング、カット、ボリューム、プリント、カラーで両コレクションをリンクさせながら、ニュアンスで変化をつける。ユーティリティとフローが調和のとれた対話を繰り返し、今シーズン新しく表現しているノーブルな要素を強調。新しいシルエット、強調されたプロポーション、イノベーティブなファブリック、それは過去を基に新しいクリエーションへと進化している。ユーティリティーはデイウェアとイブニングウェアで新しいシルエットを表現。明るい女性らしいシェイプ、そこにエレベートされたメンズウェアのユニフォームを合わせていることで、意志のあるガーメントを生み出す。レザーのアイテム、そしてなめらかなラッカー仕上げの素材は、ウィメンズウェアにソフトテーラリングの要素を加えながら、トラディショナルなメンズウェアの概念を覆し、テーラリングのディコンストラクションとパフォーマンススポーツウェアの要素をプラス。プリントのグループは、オーバープリント加工により、不完全さやネガティブスペース(デザインに必要な空白)を作り出し、通常隠す空間の中に潜む見せる美学を表現。ウィメンズコレクションで使用している柄はアンディー・ウォーホルのデイジープリントから着想を得た気まぐれで抽象的。一方、メンズコレクションの柄はラウシェンバーグの”Combines”や古いポストカードから着想され文学的解釈を加えている。オーガンザ素材のフィルクーペはウィメンズのPre Spring 20コレクションから続くストーリー。トランスペアレントなアクセサリーとリンクさせている。ウィメンズのテーラリングやニットウェアのディテールの細部にユーティリタリアンの動きを加え、シューズには、エスパドリーユやラバを含む新しいスタイルが登場。ケージやメッシュでトランスペアレントなディテールを加え、スタッズやリングの装飾をプラス。ブランドを代表するシューズ「Alexa(アレクサ)」はディコンストラクションを加え、カットアウトの形が登場。また、シグネチャーであるペーパークリップのディテールが特徴の「Alix(アリックス)」は新たにフラットフォームとスリッポンの2型が登場。「Odita(オディータ)」ポーチはPre Spring 20から登場したグループに新たに加わり、Alixチェーンバッグはより洗練されたシェイプに。ブランドのフィロソフィーである「クール」「イージー」「シック」はSS20でもアクセサリーのシルエット、素材、スタイルで表現されている。今シーズンも変わらず、コミュニティー、そして「3.1 Tribe」を広げ、サステイナブルバランスを持ちならが責任を果たしている志を同じくするブランドとパートナーシップを組んでいる。SS20では、アーティストでありデザイナーのAriana Boussaerd-Reifelとのコラボレーションにより美しい彫刻のようなジュエリーを制作。各アイテムは倫理的であり、サステイナブルにニューヨークのスタジオで手作業で制作されている。グローバルブランドとしてローンチされたビューティーブランドであるUZは、動物テストを一切せず、サステイナブルかつ安全な原料のみを使用。パッケージを地球環境に配慮している水のブランドJust Water。また、サステイナビリティのパイオニアであり、地球環境に配慮したヘアや美容プロダクトを世に出している「Aveda」とのパートナーシップを継続。今シーズン、アヴェダと3.1 フィリップ リムは、バックステージでの環境配慮を考え、使い捨てとなるプラスチックを最小限に抑え、ショーで出る炭素排出を最小限に抑えるよう努力をしている。