Tory Burch Spring/Summer 2020 Collection イングリッシュガーデンのフローラルと控えめなボリューム、そして80年代の経験を融合

Tory Burch(トリー バーチ)の2020春夏コレクションは、若いころから憧れていたDiana Spencer(ダイアナ・スペンサー)をイメージ。まぎれもなく彼女はスタイルアイコンだったが、それだけではなく、彼女の大胆不敵で知性に富み、何よりも人間味あふれるところが大好きだった。彼女は私が最も敬服する多くの功績を残しており、それらは財団と会社を立ち上げた当初から指針としているもの。このコレクションは、イングリッシュガーデンのフローラルと控えめなボリューム、トリー・バーチの80年代の経験を融合している。ソフトなバルーンシェイプに絞ったウエストのブルゾンは、タフタの大き目なリボンをあしらい、80’sの活気を反映。フレアタイプのパンツは、ノンシャランな雰囲気のハーレムパンツとワイドなパンタロン。ボタンダウンシャツやトレンチコート、カーディガンなどは、ふわりとしたボリュームのテーラード仕上げ。カラーパレットは、メロンやラベンダー、レモンなどのデリケートなパステルカラーと、クリーム、ホワイト、カーキ、ネイビー、ブラックといったネイチャーカラーをミックスしており、赤やブライトイエロー、エレクトリック・ブルーなどのエネルギッシュなカラーが差し色となっている。咲き誇る花々や散りばめられた花束のスカーフプリントなどイングリッシュガーデンからインスパイアされた様々なフラワーのパターン。クラシカルなストライプやチェック、そしてノスタルジックな雰囲気をまとった動きのあるジオメトリックプリント。遊び心のある素材とパリッとしたタフタ、チェックの上質なチュール、トラプントした虹色のシルクジャカード。オーガンジーのハンカチーフは刺繍を施しつなぎ合わせて、新しいユニークなテキスタイルに。ハンカチーフのモチーフは、袖口などに用いることで洗練された印象を与えてくれる。コレクションの楽しい雰囲気は、PVCカバーをしたリー ハンドバッグや大き目のリボンがついたパンプスにも表れており、トップハンドルのハンドバッグは上品でレディライクに仕上げている。大振りのカクテルリングはコレクションに欠かせない存在に。