MAISON KITSUNÉ 2020 S/S MEN'S WOMEN'S COLLECTION 柔らかい陽の光を浴びたかのように、喜びとポジ ティブなエネルギーによって満たされる

MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)2020年春夏メンズ&ウィメンズコレクションは、柔らかい陽の光を浴びたかのように、喜びとポジティブなエネルギーによって満たされている。パステルとポップなネオンカラー、様々なオリジナルファブリック、手の込んだ仕上げ、バラエティ豊かな小物などが特徴的な本コレクションでは、リフレッシュされたプレッピースタイルを提案。予想外のファブリックの組み合わせと、バランスのとれた色のコントラストには、リラックスしたムードとひねりの利いたクールなエッジが吹き込まれ、多岐にわたるシルエットを生み出す。カラーパレットの基調となるミネラルカラー、アースカラーは、繊細なパステルレインボーと柔らかい色合いのホログラムによってミックスしており、差し色となる、燃えるようなオレンジとビビットなイエローは、太陽のように明るく、ワードローブの中で光輝く。ナチュラル素材とテクニカル素材のフュージョン、大胆に遊んだパターン、コンテンポラリーな雰囲気が漂うトランスペアレント素材とプリントなどの要素によって、エフォートレス且つ個性がルックに加わる。遊び心溢れるブランドのアイコンであるフォックスはライトモティーフ(示導動機)としてコレクションの中であらゆる箇所に登場。またルックを完成させる大胆なデザイン且つ機能的な小物として、アイウェアブランドのKhromis、シューズブランドのMichel VivienとSebagoなどエクスクルーシブなコラボレーションアイテムも登場。MAISON KITSUNÉ 2020年春夏コレクションでは、Yuni Ahn(ユニ・アン)ディレクションによるブランドのヴィジョンを更に確立。今シーズンも引き続き、フェミニンとマスキュリンの境界線を曖昧にしたユニセックスのアイテム、シャープな印象のテーラリングとストリートウェアから影響を受けたアイテム、プレイフルでウェアラブル、そして着心地の良さに重点を置いたデザインがコレクションを構成する。