alexanderwang collection 1 2020 ブランドのDNAであるアメリカンスポーツウェアをカジュアルラグジュアリーに再定義 パイオニア達への敬意と未来への想像に想いを込めて作られたコレクション

Kaia Gerber, Binx Walton, Kendall Jenner

右端:Pete Davidson

中央:ROLA

alexanderwang(アレキサンダー ワン)がニューヨークのランドマークでもあるロックフェラーセンターにてCollection1 2020(春夏コレクション2020年)を発表。ブランドのDNAであるアメリカンスポーツウェアをカジュアルラグジュアリーに再定義したコレクションは、パイオニア達への敬意と未来への想像に想いを込めて作られた。4つのパートで構成されたコレクションに共通するのは、みんなの為のオーセンティクな機能服であること。最初のパートはワーキングワードローブをカジュアルダウンさせたシリーズ。マスキュリンなルックを現代的なNYの無礼なワーキングウーマンのために再考し、大げさに体のラインを誇張するシルエットなどは今日のオフィススタイルの変化を表現。第二幕は女性のためのリラックスウェア。アンダーウェアをアウターウェアとして着るトレンドを掘り下げ、ロゴのウェストバンドやスリップドレスをメインとし新世代の女性の終日、終夜の要求に対する官能的なスタイルの解決策を提案している。第三幕では、プレッピーアメリカーナのコンセプトを覆すリラックスアメリカンスタイルを提案。絞ったウエストラインやフレアアウトしたクラシックブレザーにオーバーサイズのデニムやコーデュロイのパンツは、視覚的に見慣れたものを全く新しいプロポーションに作り変えた。フィナーレは過去14年間アレキサンダーワンに影響を与えてきた強い女性達へのオマージュとアメリカンスポーツウェアを融合させたコレクション。戦う女性を表現するホワイトという色で全て表現されたコレクションには、アメリカンフラッグが服と床に使われたLEDスクリーンが両方にあしらわれた。ブランドの反逆的なスピリットの意味を込めてフラッグを敢えて逆さまに。「自分のコレクションを世界中に発表する場として、マンハッタンの中心地よりも良いステージは考えられません。ニューヨーク、その人々、そのエネルギーそしてそのスタイルは私のインスピレーションの中心であり続け、このコレクションはこの街をとても特別なものにしてくれている様々なトライブの女性と男性を融合させています。」 と アレキサンダーワンはコメント。また、ランウェイにはROLAさんがモデルとして海外コレクション初のランウェイデビューを果たした。