COS Autumn/Winter 2019 Collection ブルータリズムの建築様式を取り入れた力強く角ばった直線使いに自然を思う穏やかなムードを漂わせ「人工」と「自然」の2つの世界をひとつに融合

COS(コス)の2019秋冬コレクションは、スケールを探求することでつながる2つのキーコンセプトを掘り下げる。ブルータリズムの建築様式を取り入れた力強く角ばった直線使いに、自然を思う穏やかなムードを漂わせ「人工」と「自然」の2つの世界をひとつに融合。フォルムとセンシュアルな豊かさでコントラストをつけた今回のコレクションでは、しっかりとしたストラクチャーに流動的なやわらかさを織りあわせて強調されたプロポーションを形作り、ナチュラルかつ革新的な素材によって建築的シルエットに仕上げている。デザインの新技法はコンストラクション/ディコンストラクションの中にある繊細さへと変化し、ボリューミーなプロポーションを追求した迫力のあるスケールを演出。メンズでは、斜めのショルダーラインが大胆で彫刻のようなフォルムを生み出し、袖口、ストラップ、ベルトはゆったりとしたフィット感ながら汎用性を高める。ウィメンズでは、それぞれのコレクションピースはシンプルでありつつ、あるひとつの特徴をさらに強調したデザインに。2つのキーテーマを表現したカラーパレットは、インダストリアルな雰囲気を感じさせるグレーに、寒い季節の色合いに落ち着いた軽やかさをもたらすベージュやアイボリーといった柔らかい配色で構成され、アクセントとして暖かさを感じさせるマルーンやプラムが加えられている。今シーズンはトラディショナルな衣服を探求し、ディティールとクラフツマンシップを再定義。伝統あるキルトから着想を得たプリーツは、スカートは動きやすさを考え軽量素材を用い、スカート同様のデザインで高密度のハードボイルドウールを用いたドレスも揃う。また、メンズではキルトをクラシックに表現し、着回しやすいエプロンのように、同色のトラウザーとホワイトシャツを合わせて、フレッシュさのあるモダンなルックを提案。トラディショナルかつ再定義されたコレクションピースの数々は、今シーズンの特徴的なテーマを象る。ネックラインはアジャストされ、シルエットはゆったりとした長さをもたせ、ウエストバンドははっきりとした直線的なウエストラインを際立たせる。二重機能のパッデッド アウターは、パーツを取り外すことでルックを変える事が出来、様々な要素から身を守る。アクセサリーはコレクションに新たな概念を。バッグは大きさやボリュームを感じるテクスチャーを使い、穴のあいた表面は独特な手触り。コンストラクションにふたたび焦点を当て、アシンメトリーなエレメントには未加工でクリーンなカットを用いている。鍵となるのは、ダブルハンドル仕様のキルテッド レザーハンドバッグ、ウィメンズではクリーパーソールのレースアップ ブローグシューズ、メンズではスクエアトゥ レザーブーツ。ジュエリーには丸みのあるボリュームを出したピアスや、ヘアクリップ、ネックレスが登場。オーガニックなシェイプとやわらかな色合いが特徴。