BALLY AUTUMN/WINTER 2019 COLLECTION コンテンポラリーな提案とマウンテン・ライフスタイルにおけるパイオニアであるスイスの歴史に焦点

BALLY(バリー)の2019年秋冬コレクションはコンテンポラリーな提案とマウンテン・ライフスタイルにおけるパイオニアであるスイスの歴史に焦点をあてる。Peak Outlookと名付けられたコレクションはスイスの山々とヘリテージに対するバリーの謳歌。山頂のモチーフを中心とし、1955年のロゴから着想を得たジグザグがシューズ、ウエア、アクセサリーの上で表現され、1930年代の遠征地図はシルクジャガードとインクプリントレザーに施され、ハイキングブーツはバリーの1930-40年代のアーカイブからインスパイアを得ている。ノルウェー出身の写真家Jarle Hagen氏が描くポートレートをヒントに、90年代のスポーティーなアウトドアライフスタイルと友人たちとの冬の休暇を描いた。バリーのスイスとのエモーショナルなつながりを喚起し、山々へのオマージュで彩られたウエアやアクセサリーはスイスらしさで溢れている。「BALLY WOMAN」は、家にいる時も探検をしているかのよう。 大胆であることを恐れず、お洒落へのさりげない手法を知りつくしている。 彼女の冒険心はロマンチックな展望を補う。「BALLY MAN」は、自分の向かう新しい地形とそこに含まれる感情を模索。彼はカラフルで予想外の組み合わせを通して創造性を表現する。

■BALLY

www.bally.jp