UJOH 2019 AUTUMN/WINTER COLLECTION「布の動きに一度本気で身をゆだねてみてほしい。そのとき感じられる心地の良さを味わってほしい」

UJOH(ウジョー)の2019秋冬コレクションは、“布の動きに一度本気で身をゆだねてみてほしい。そのとき感じられる心地の良さを味わってほしい”、そんな想いからスタートした。UJOHがブランドスタートからこの10年で培ってきたカッティングのフィロソフィーに加え、今季はサイジングにもブランドらしさを求めるとともにそれらがより引き立つ布地を、日本の様々な素材産地で最先端の技術のもとオリジナルの生地を開発。程よいビックシルエットとそれぞれの素材の特徴があいまって、どの製品も布の独特な動きが感じられる。艶感のあるウールのシャツジャケットやワンピースとボトムのセットアップや、ボリューム感のあるフランネルのフリンジは、ブラウスやスカート、ドレス、コートのもっとも美しいところに位置取られ、人の動きにより更に品のよさを感じさせてくれる。キルティング加工を施したコート、ブルゾン、スカートをはじめとするスポーツティーな要素をもつアイテムたちも、UJOHならではの布づかいによってモダンでエレガントなアイテムに。大判のカシミヤストールをはじめ、共布でつくったサコッシュ、ウルトラスエードのバッグなどのアクセサリーも豊富。 素材は、ウールギャバジン、ウールトロピカル、モルフォ糸を用いたギンガムチェック、ナイロンスパンのブロックチェック、TORAYのウルトラスエードはボンディングし断ち切りの仕立てで軽やかに。カラーは、ブラック、ネイビー、クレイグレイ、ライトグレーといったベーシックなカラーに、サックスブルー、バニライエロー、アプリコット、ラベンダーなどの優しい印象をつくるソフトなカラーを併せている。そして新たにメンズコレクションも発表。メンズはUJOHで自分が着たい服“男性による男性の為の服”をユニセックスとは異なるアプローチで服づくりをしている。また、イタリアのサルダリーニ社製(SALDALINI)のカシミヤフレークスを使用した、アウターのカプセル・コレクションのブルゾンやコートもショーに彩りをそえる。「人間が引き起こす行為は時に、自然環境に致命的な損害を与えているものが存在しています。今日の“エシカル”とは、動物に優しくそして持続可能な“Low Impact”な環境へのアプローチであり、それは私達デザイナー含めすべての人達(人間)にとって必要な取り組みであると思います。私は今回のこのコレクションの中で、環境と調和の関係性を考慮し、機能的なアイテムにするべく取り組み、カッティング、カラーパレットにUJOHのDNAを反映させ、UJOH らしい、モダンでスポーティーなテーラーリングスタイルが完成しました。調達から生産まで、環境への影響が少ないこのカシミヤフレークスは、今後ますます広くの製品に使用される素材だと思っています。」