CYCLAS 2019 FALL/WINTER COLLECTION「UNEXPECTED BEAUTY」ふとした瞬間に見え隠れする相反する女性の内面や感情、予想外の女性の美しさ

CYCLAS(シクラス)の2019秋冬コレクション「UNEXPECTED BEAUTY」。CYCLASが描く女性像は、知的で自信に溢れ、かつ大胆。デザイナーであり創立者の小野瀬慶子は、相反するアイディアの融合―ふとした瞬間に見え隠れする相反する女性の内面や感情、予想外の女性の美しさにインスピレーションを得ている。デザインにおいて、この相反するアイディアを見つめ、さまざまな角度から考察。洋服の構造においては、主にクチュールで用いられる手作業とテクニックをReady-to-wearに施す。また、柔らかい流れるような生地と、フォルムを表現するために選んだ強撚の糸によるハリがある素材を組み合わせて、コレクションは常に、マスキュリンでありながらフェミニンなシルエットを描く。2019秋冬コレクションでは、分解、型にはまらない構造、相反するカラーコンビネーションなど、歪曲した解釈を通して、シンプルでありながらも抽象的な相反する女性の美しさを創り出すことを目的に。ボリュームスリーブのエレガントなクリーム色のトップは、思いがけないような箇所に切り替えを入れることで、幾何学的なシェイプに仕上げながらも、切り替えがあるべき箇所にはスティッチディテールを加え、デザインを強調。テクニカルファブリックのライトダウンポンチョは、大きな長方形パターンを用いてデザインされ、ファスナーの位置を調節することで、さまざまな形に変形できるように作られている。ウールシルクのジャケットは、切り込みの入ったパネルが、重なり合って揺れることで幻想的なデザインに。深いVネックと袖下のカットアウトが特徴のドレスは、さまざまなシルエットに変形することができる。ハリのあるオーガンザで作られたアコーディオンプリーツエプロンは、ルックに新しい切り口を加える。ライトカーキ、ライトセージ、スキンベージュ、ライトグレーのような淡い色合いとダブルフェイスウール、カシミアウール、毛足の長いアルパカシルクのような柔らかい素材は、ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)の色使いにインスパイアされ、ネオンライムグリーン、ウィンターレモン、クールなパステルカラーと組み合わされ、より一層引き立つ。シューズコレクションからは、フラットシューズ、ミュール、ヒールが滑らかで、柔らかいレザーとシアリング素材へと落とし込まれ、シルバーのスパンコールが光る。