beautiful people 2019-20 Fall/Winter Collection「Side C-vol.2」A面でもB面でもなく、そのどちらかでも両方でもない。Side Cは、クラシックなものの見方を、特別なものにする方法。

beautiful people(ビューティフルピープル)2019-20秋冬コレクションのテーマは『Side C-vol.2』。A面でもB面でもなく、そのどちらかでも両方でもない。Side Cは、クラシックなものの見方を、特別なものにする方法。前に進み、新しいものを生み出す方法。そのプロセスは不可逆的ではなく、むしろ可逆的で、固定的ではなく流動的。シルエットが使い方により変化し、身に着ける人によって様々な可能性をひめている。いつもは隠れている洋服の内側に着目し、今回インナーが正面に表れている。ライナーと洋服の間に体が入る新しいデザインで、通常は後ろのライナーがむきだしとなり、内側と外側を入れ替えるためにサイドシームが縫い合わされず開いたままとなっている。抑制しながら解放し、隠しながら見せることで相互に作用し、無数の解釈ができる変形型のピース。シルエットは長く、そして流線形。コート、トレンチコート、ドレス、ニットは、体に沿い肌そのものを感じさせる。いつもは皮膚の下にも隠れているものにも注目し、血液の流れや筋肉のしくみ、また内臓器官を暗喩したかのような、フラワーやボタニカルモチーフをドレス全面にあしらい、ニットウェアでもジャカードの柄に採用。Side Cは目に見えないものを見えるようにする。無限のアプローチで体とドレスを合体させる。命の源としての変化。洋服でも体でもない、そのどちらかでも両方でもないSide C。