THOM BROWNE Women's F/W 2019 Collection 厳格なテーラリングとクチュールの職人技

THOM BROWNE(トム ブラウン)の2019年秋冬コレクション。厳格に、プレイフルに。女性のために、メンズテーラリングの感性を祝う。厳格なテーラリングとクチュールの職人技。2009年、トム ブラウンはピッティウオモ期間中、フィレンツェにあるイタリア空軍学校を舞台に、初めて彼のヨーロッパに対するビジョンを発表。あれから10年が経過。あの時の厳格さと遊び心がクエストの始まりとなり、変わらず、進化と拡大を続けている。記念すべきこのコレクションは、そのビジョンがどれほどのものであったかを示す。2009年が2019年、細部にわたって蘇る。ある程度。あの時、男性がグレーのテーラードスーツに身を包みデスクに座ってタイピングしていた。そして今、女性がデスクに座ってタイピングしている。彼らが着ているのは、遊び心が繰り返し巡る、厳格に仕立てられたルック。チェスターフィールドコート、ジャケット、パンツは、アーガイル編み、バリオン刺繍、ツイードのサテンステッチ刺繍、チェックツイード、ダウンのツイード、シェットランドウールで象眼細工として解釈。トム ブラウンのシグネチャーであるグログランテープとアヒルのモチーフは、広範囲に使用。各ルックの厳格なベースは、装飾とクチュールのテクニックを探求するために十分な余白を提供する。プレイフルに、厳格に。優れた技術により、すべてのワードローブはトロンプ=ルイユで表現される。細部の細部まで、三次元(立体)を二次元(平面)に。厳格に、プレイフルに。マスキュリンな感性が、ソックス、ガーター、ブリーフケース、そしてブローグに至るまで、すべてに行き渡る。厳格に、プレイフルに。