GIVENCHY FALL WINTER 2019 WOMEN'S RTW COLLECTION「THE WINTER OF EDEN」新たに造形的な要素を加え直線と曲線を調和させジバンシィの勢いを表現

クレア・ワイト・ケラーによるGIVENCHY(ジバンシィ)2019年秋冬コレクション「THE WINTER OF EDEN」は、新たに造形的な要素を加え、直線と曲線とを調和させた、ジバンシィの勢いを表すもの。さりげなく力強く生きる女性に向け、さまざまな時代や様式の美を組み合わせたファッションを提案している。たとえば創世記を思わせるもの-アダムとイブの物語-を、現代女性のもつ洗練された多様な個性に合わせたものも登場。丸いシェイプと直線的なストラクチャーの二重性を強調しながら、シルエットはかっちりとしたテイラリングにあいまいさが合わさり、ヘリンボーンやキャバリーツイルと対比するように、タフタ、ナイロン、ストレッチプリッセなどがドラマチックに使われている。エナメルのフローラル、スネイクスキンやクリスタルツリーが彩るみずみずしい冬の庭で、レプティリアン(爬虫類性のもの)やボタニカル(植物性のもの)といった自然が、夜に見せる魅力的な側面を刺繍やテクスチャーを通して表現。規範に忠実、正真正銘のテイラリングファブリックの、大胆なショルダーのピークラペルコートは、コントラストとなるツイードやチェックウールのベルトでウエストマークされ、ペールグレーからラスト、ティールといったカラーシェイドで組まれている。ヴィスコースシェルのニットウェア、セルフストライプデニム、レイザーシャープツイルブレザーは、シングルプリーツのフレアやブーツカットのトラウザーとレイヤリングされる一方で、ナイロンキルトやPVCテクスチャーがタフタやボンデッドレースのパフスリーブビスチェと組み合わされ、ハイブリッドなスポーツアウターウェアとして作り込まれている。ぱりっとしたプリーツのフローラルセパレートやコラムドレスはカールしたカフスや襟で仕上げられ、ワイルドな植物柄、動物柄はデジタルプリントのクレープブラウスやパイソントレンチに登場。タキシードラペルから流れるようなパラシュートガウンまで、モノクロームのイブニングウェアにはクリスタル、スパンコールやビューグルビーズがまるで枝垂れ柳のよう。シルエットを引き上げるように、スクーププラットフォームはエキゾチックなフィニッシュやゴルフフリンジで仕上げられ、ベルベットのパンプスは新しいジバンシィモノグラムのチェーンリンクエンボスの総柄となっており、光沢レザーのフラットなウィンクルピッカーブーツはメタルブローグのスタッズで飾られ、ジップアップのラウンドトウグローブブーツはコレクションを通してみられるスネイクスキンへのオブセッションが見て取れる。バロックパールイヤリングや繊細な鎖帷子のグローブとともに、クリスタル調のジュエリーをウエストや足首に合わせている。2019年秋冬コレクションでは、クレア・ワイト・ケラーによる新しいバッグ”エデン”が二つのサイズと、さまざまなデイテールで新登場。かっちりとしたボックスシェイプで、幅広の取り外し可能なバンドストラップにダブルヘキサゴンのターンロックシステムがあしらわれ、手塗りのオンブレ・パイソン、オストリッチ、モノグラムのチェーンリンクベルベットでできている。