Chloé FALL/WINTER 2019 COLLECTION 古い概念の象徴といえるエレメントを用いながら新たな女性らしさを提示

センシュアルなムードが漂うChloé(クロエ)2019年秋冬コレクションで、クロエガールズはオーロラやロスト・フォレスト、古代の海を渡り、愛と情熱、約束や誓いを抱きながら、メゾンのシンボルであるフェミニニティに対する情熱を原動力に、神秘的な冒険へと乗り出す。Natacha Ramsay-Levi(ナターシャ・ラムゼイ=レヴィ)はパイオニアスピリットを胸に、私的な心の情景をコレクションに映し出す。古い概念の象徴といえるエレメントを用いながら、新たな女性らしさを提示。乗馬や海軍のレガリアを喚起させるルックが、メゾンの親しみあるニュートラルなアースカラーに、ネイビー、ペトロール、インディゴ、アンバー、ダスティーピンク、コーンフラワーブルーを加えたカラーパレットで展開される。脱構築的なデザインや真鍮のボタン使いにより、アウターウェアは流れるようなシルエットを描き、フロックコートやケープ、オープンキルトスカートやスリムなハイウェストフレアパンツといったアイテムが、ルックを完成させる。タッターソールチェックのコットンや華やかなジャカードの長袖のラッフルブラウスには、”C”が施されたレースカフスがあしらわれ、これらは、ローデニムとの組み合わせの他、スムースレザーやシアリングで縁取りされたウールのマリナーコートやケープの下にレイヤードされ登場。バイアスカットのフラウンス付きシャツドレスは、ウォールペーパープリントのジャカードやトワル・ド・ジュイで展開される一方、ルレックス素材のアーガイルニットやラップスカートは、大振りのノットのデザインが目を引く。ランジェリーのようなローズモチーフのレースをバストにあしらったドレスをはじめ、ベルベットデボアやシルククレープが波打ち、スカートにはアイリスやポピーの花が散りばめられている。ジュエリーは、グラデーションカラーのレジンのアミュレットやカフスが異素材の組み合わせで展開され、”FEMININITIES”コレクションには 、ツートーンカラーの”lovers”チャームが新たなモチーフとして誕生。シューズは、スクエアトゥとチャンキーヒールが特徴のアンクルブーツに、レザーのパイピング、チェックやリッブニットといったディテールが施されている。バッグは、ベルトディテールの”aby”に、エンボスレザーやソフトカーフスキン素材を用いたチェーンバッグの他、クロコダイル型押しのパドロックシェイプのクラッチバッグが新たに加わり、”CHLOÉ C”と”tess”は、ツートンのグラデーションカラーで再び登場し、コレクションを彩っている。