GIORGIO ARMANI 19-20 F/W COLLECTION コンテンポラリーな精神を表現する強く深いブルーのカラー

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)は、アルマーニ/シーロスで2019-20FWコレクションのレディスとメンズ合同ショーを開催。アルマーニ/ーロスでファッションショーが開催されるのは初めてのこと。アルマーニを代表するパンツスーツの美しい細身シルエットの女性は、強さを湛えた男性とともに、アルマーニシーロスに作られたランウエイでコレクションを披露。彼らに共通するコンテンポラリーな精神を表現するのは、強く、深いブルーのカラー。このカラーを共有することで彼らの結びつきを深く表現している。タイムレスでエレガントなジョルジオアルマーニの精神に則ったコレクションは、アルマーニ/シーロスという特別な空間で完全なる美しい影を描いた。レディスコレクションは、細身のシルエットが主流。バストにぴったりとフィットするショートレングスジャケット、ペンシルシルエットのコート、曲線のエッジデザインを取り入れたパンツ、短い丈のブルゾンなど、どのアイテムも女性らしさを強調するシルエットで登場。襟は消え去り、アシンメトリーなデザインで登場するトップスの数々。プリントが施されたアウターには動きを感じさせる仕様が施されている。イブニングウェアは眩いばかりの輝きに満ちており、Tシャツやベルベットのジャンプスーツなど、スポーティーでシンプルなアイテムはその完成されたシルエットを際立たせ、ランウェイで一際輝きを強めている。メンズコレクションは、男性の強さの象徴であるスーツを多様な手法で表現。ソフトなテーラリングと深みのあるミッドナイトブルーのベルベットが見事に調和している。独特な素材はダブルブレストジャケット、パーカー、コートに活かされておりそれらは体の動きを美しく魅せてれるだけでなく、究極の着心地を提供する。落ち着きのあるタイドアップスタイルと、装飾を省いたスポーティなスタイルの間でスタイルのある物語は広がりをみせ、ジャケットやフード付きブルゾンはテーラリングの美しいパンツや流れるような軽やかなパンツと自由に組み合わされている。計算されたノンシャラン(無関心)なシルエットを際立たせ、男性らしさを感じさせるとともにエレガンスを表現している。