EMPORIO ARMANI 2019-20 F/W COLLECTION「FREE STYLE」ルールに縛られることなく、服やアクセサリーを楽しみながら、自分が好きなようにコーディネートを楽しむ「自由」

EMPORIO ARMANI 2019-20秋冬コレクション「FREE STYLE」。ルールに縛られることなく、服やアクセサリーを楽しみながら、自分が好きなようにコーディネートを楽しむ「自由」。すべての女性が自分が好きなように服を着る・・。好きなものを感情が赴くままに取り入れ、個性を表現する。そういう活発で解放的なエネルギーがコレクション全体を通して感じられる。相反するアイテムが生み出す見事な調和は、意外性と個性の主張を見事に表現。ショーの序盤は意外なアイテムの組み合わせから始まる。フェミニンなドレスはオーバーサイズのアウターウェアとレギンスと組み合わされ、コンパクトなテーラードジャケットはゆったりとした柔らかな素地のパンツと組み合わせ。立体的な素材や立体的なシルエットは、まるでクチュールコレクションのような細かなディテールが用いられている。ドレスの表面をまるでキャンバスに見立てたかのように、ドレスには自由な柄やプリント。また、マクロチェック、白黒のコントラスト、スクラッチされて描かれたエンポリオアルマーニのロゴなど、少し異国情緒をも感じさせるような独特のテイストが加えられたアイテムも多く登場する。ショーの中盤にはブラックアンドホワイト、アイボリーのアイテムが登場。そのことでその後に登場する赤のルックをひときわ際立たせる。コントラストを存分に楽しみ、まるでゲームをしているかのように、イヴニングルックには赤と黒を大胆に使用。色のゲームは赤が勝ち、ショーのフィナーレはランウェイが赤1色で染まる。刺繍やプリント、ビジュー使いなど様々な手法で表現されたあらゆる表情の赤がこのシーズンのフィナーレを鮮やかに彩り、自由なスタイルには、アクセサリーがいかに着こなしをパーソナライズするポイントになるかを表現。ジオメトリックヒールのポンテッドシューズ、ソフトブーツ、サイハイレングスのイブニングソックスブーツ、まるでアクセサリーのように小ぶりなショルダーバッグなど、こうしたアクセサリー使いが全てのルックをさらに個性的で自由なスタイルへと導いている。