Sportmax Fall/Winter 2019 Collection シルエットにおける未来のクラシシズム(古典主義)的ビジョンを提案 #SportmaxFW19

Sportmax(スポーツマックス)の2019年秋冬コレクションは、シルエットにおける未来のクラシシズム(古典主義)的ビジョンを提案。ダイナミックなフェミニンと、フューチャリスティックなテーラリングという新たなコンセプトを発展させる。これは、2つのアイテムをつなぎ合わせることによって様々な着方ができる、新しいコンビネーションのスーツにも落とし込まれている。 また、マルコリングループとの独占ライセンス契約により、新たなカテゴリーとして追加されたサン グラスも重要なアイテムで、力強いシェイプ、コントラストのある素材のミックス、アシンメトリーなラインが印象的。さらに新たなスニーカーラインも登場。スエードとラバーエフェクトレザーを重ね合わせたアッパーに、ソールには立体的な同心円がダイナミックに描かれている。曲線や輪郭のコントラストを強調した、肩にボリュームを持たせたコートやボンバージャケットなどのアウターが、エネルギッシュな感覚を放つ。ブランドのDNAでもある未来のクラシシズムというコンセプトに基づいた、オーバーサイズのダブルフェイスコートはストライプ柄でも展開。その他、様々な柄と素材を組み合わせたブレザーやスカート、バックシームが特徴的なカシミヤのシャーリン グジャケット、さらに、レザーベストと組み合わせることができ、2つのピースに分かれる変形トレンチコートは、コマーシャルピースやニットウェアと合わせてコーディネートし、ワードローブを豊かに。グラフィカルな効果のある軽い中綿入りのナイロンドレスとマトラッセシャツには、ベ ースボールキャップを合わせ、スポーツウェアにインスパイアされたルックが完成。ピンストライプのウールやヘリンボーンなどで表現された、サルトリアに影響された様々なグレー。そして春の訪れを告げるかのような、ホワイト、ベージュ、サンド、ライトブルー、キャメルといった、ナチュラルでデリケートなカラー。素材については、ウールとレザーという異素材を組み合わせることで、マットとシャイニーのコントラストを生み出す。ブルー、ターコイズ、グリーンなどで作られた力強いグラデーションの中に、中綿入りナイロンウェアや、プリントを施したニットウェアの鮮やかなカラーが踊る。