Plan C Fall/Winter 2019 Collection より一層ブランドのシグネチャーであるダイナミックかつ自由でユニークな美学と、創造性と独特のスタイルを際立たせる

2019秋冬、Plan C(プラン シー)による新たなアドベンチャーの2シーズン目は、より一層ブランドのシグネチャーであるダイナミックかつ自由でユニークな美学と、創造性と独特のスタイルが際立つ。クリエイティブ・ディレクター、カロリーナ・カスティリオーニがコレクションに表現するのは彼女自身のパーソナルな感覚。直観、感情や情熱は異なる様々な魅力をシームレスに合せてく方程式の材料となる。クラシックさとハイテク、マスキュリンとフェミニン、控えめと大胆さ。全てはスタイルの中で、それぞれのバランスを見つけ、シーズンやトレンドを超えてPlan Cを着る全ての女性達が持つユニークな感性を高める。洗練された色彩感覚、独特な素材選びや職人技へのアプローチは常にブランドのコアであり、ライフスタイルにおいて常に進化し続ける女性達が季節を問わず着られるデザインを目指す。時代を感じさせない洗練されたアイコニックなデザインと都会的な要素が起こす魅力的なクラッシュも今シーズンの特徴。テクニカル素材を用いたグラフィカルなジップドジャケットはエレガントに光るヴィスコースのプリーツスカートと、カラーブロックのウィンドブレーカーはカロリーナの子供達によって描かれたイラストを光沢プリントしたスウェットシャツの下に。ラグジュアリーの観点から再解釈したワークウェアにインスパイアされたシリーズは、テクニカル素材を合せたポケットを施したマキシ丈のコットントレンチコート、コーデュロイ素材のスーツにはジオメトリックなパッチを散りばめ、はつらつとしたスカートスーツには機能的なポケットを。様々な糸から編み上げられ、万華鏡の様に広がるバリエーション豊富なニットウェアもコレクションの中心。軽いジャケットにもなるオーバーサイズのメランジカーディガンからマニッシュなシェトランドウールのクルーネック、ジャカードベストやカラーブロックのソフトモヘアがコレクションに独特のタッチを加える。トリコットの付け襟はヘッドアクセサリーとして巻いたシルクスカーフと。ポニースキン、プリントを施したシープシアリングやレザージャケット、ベストやコートはプレシャスな洗練さを醸し出し、小ぶりのフリルで飾ったポルカドットのマキシ丈ドレスはフェミニンさを添える。アクセサリー達はコレクションの折衷的なスピリッツを引き立てる。彫刻の様なメタリックヒールと幅広いソールのサンダルと並ぶのは、カラーブロックデザインのスリッパ。フラットシューズのリボンは足首を飾り、レザーとテクニカルファブリックを組み合わせたブーツも。バッグはコーティングキャンバストートからクロスボディスタイル、Plan Cお馴染みの無邪気なグラフィックをのせたポーチや新しいフォトグラフィックプリントで更なるエコレザーやスモールアクセサリーのバリエーションを広げる。