Alexander McQUEEN AUTUMN WINTER 2019 PRE COLLECTION イングランド北部の街の美しさ、不屈の精神、その魅力を賞賛 ブランドの真髄であるマスキュリンでありながらフェミニンという対比を体現

Alexander McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)2019年秋冬プレコレクションは、イングランド北部の街の美しさ、不屈の精神、その魅力を賞賛。現在と過去の街の景観や風景、ウィリアム・ワーズワーク、ブロンテ姉妹、ヘンリー・ムーアのよう な北部の芸術家や詩人。きらめくボールルームと海辺のイルミネーションの残像は、ノスタルジックなデコンストラクトなシルクイブニングドレスにクリスタルのシャンデリアと刺繍で表現。カットアップされたクリスタルのパーティードレスは、コットンキャンディーカラーが使用され、イングリッシュローズのブロケードが施されている。そして時代は、クラブ、カクテルバーや、ロックバンドのJoy Divisionが台頭した、ノーザン・ソウルのポストパンクの快楽主義へと進む。今季は、1950年代の喜びに満ちた楽観主義と1980年代の創造の自由の時代の組み合わせ。2019年秋冬メンズコレクションにインスパイアされ、ブリティッシュヘリテージファブリックで作られたコートを再構築。プリンスオブウェールズチェックは拡大され、1950年代風のツイードコーティングが施され、ハウンドトゥー スチェックで継ぎはぎされ、背中部分はフェミニンな風合いのダッチェスサテンで切り替えられている。正面は力強く、バッグスタイルはスイングコートのシルエットを反映。ドレープがあしらわれた、プリンスオブウェールズチ ェックとハウンドトゥースチェックのトロンプルイユコルセットジャケットは、流れるようなダブルサテンのハーフドレープスカートやドレス、強調されたシルエットのペグトラウザーとコーディネート。ホワイトコットンギャバンのオーバーサイズトレンチコートの背中部分に、プリンスオブウェールズチェックのテーラードを組み合しているように、ハイブリットウェアへの探求は続く。ブドワールなシルクファイユのジャカードと、流れるようなハーフドレープの同系色の2つドレスは、組み合わされ1つに。ルビーレッドのオフショルダーのシルクダッチェスドレスは、ブラックレザーベルトと組み合わせ、デコンストラクトなシルクドレープのコルセットドレスとブラウスには、ブロックカラーとは対照的に、引き裂かれた薔薇のグラフィックプリントが散りばめられている。ウォッシュド加工されたダッチェスサテンドレスや、ウールシルクのトラウザースーツは、写真のように誇張された薔薇がコラージュされ、プリントや刺繍を。フローラルプリントのシルクダッチェスドレスのヘム、ブラウスのバッスルシルエットの袖はブラックシルクのチュールで縁取りされ、オートクチュールのようなボリューム感で主張。ビスコースニット、1950年代シルエットのドレスは、揺れるティアードスカートが特徴的。シュランクンセーターとケーブルシネニットは、クリスタルペーストジュエリーが刺繍され、ナイロンシルクローズのニット素材のクリノリンと膝丈のフーラードレザースカートを組み合わせ。プロンジレザーを使用した膝丈のコートは強調され、フーラードレザーのペプラムドレスは、シングルドレープの袖とプリーツヘムのバッスルスカートで展開。ベルトを着用したコットンピケのシャツドレスは、贅沢なユーティリティウェアとして登場。プランジングネックのコットンサテンドレスや、パフスリーブとフルスカートには手描きのボールドチェックをプリント。強調されたショルダーのトロンプルイユタキシードジャケットは、地面をかすめる位のワイドレッグトラウザーと。スカラップレースは、オーガンザドレスの胴体部分とスカートの裾をなぞるように施されている。メタリックローズのブロケードがあしらわれたイブニングドレスや、ハーフドレープコルセットトップスは分解され、ゆるやかなドレープや、引き裂かれたファブリックを巻いて折りたたまれたようなデザインとして再構築され、トラウザーと組み合わせ。シルクファイユのオートクチュールドレープは、ブランドのシグネチャーであるタキシードジャケットを包みこむ。シルクチュールと繊細なコルセットを使用したシルクファイユのボールドレスは、誇張されたブーケのように優雅にまとい、空気が抜けたように折りたたまれ、元のシルエットへと戻る。フローティングシルクチュールが付いたコルセットイブニングガウンとトワイライトタキシードは、煌びやかなクリスタルシャンデリアとダイヤモンドローズの刺繍が手縫いで施されている。