Tory Burch Fall/Winter 2019 Collection クラシックを再解釈したミックスマッチ #ToryBurchFW19

Tory Burch(トリー バーチ)の2019秋冬コレクションは、型にはまらない教育方針とアメリカのモダンアートの基盤を築いたことで知られるBlack Mountain College(ブラック・マウンテン・カレッジ)からインスピレーション。フラワープリントやグラフィック・ストライプ、メンズウェアの生地、ロマンテックなシルエットなどクラシックを再解釈したミックスマッチがテーマとなっており、モダンでユニークなフリンジや大振りのラッフル、ナイフプリーツ、カットグラスのジュエリー、再構築したバッグ、シャープなブーツからなる。シンプルでリラックスしたシルエットでエフォートレスながらモダンなシルエット。テイラード・パンツやかっちりしたローデン・コート、クラシックなブレザーといった洗練されたアイテムは、ゆったりとしたシェープでバランスをとっている。スポーティなパーカーとイブニングドレスや、透け感のあるシャツドレスの下にストライプのスリップを合わせるなど上品なレイヤードスタイルに。カラーパレットでは、クリスプ ホワイト、ブラック、ブランドのシグネチャーであるネイビーといった落ち着いたニュートラルカラーがベースとなっており、コレクションは、アンバーブラウンやディープレッド、カイエンペッパーといった秋を感じさせるアースカラーからはじまり、ブライトイエローやグリーンといった鮮やかな色合いが活力を与える。プリント&パターンは、太いストライプやヴィヴィットなペイズリー、フェミニンな花柄がそれぞれを引き立て合い、新たな効果をもたらす。カレッジプリントは、アーカイブの写真や幻想的なプリントを融合。ファブリックでは、ヘリンボーンやチェックがクールなクラシック感をだし、クロッシェのパッチワークはノスタルジックな雰囲気に仕上げている。ラッフルやプリントをのせたプリーツは軽やかさを出し、スパンコールや四角いパイエットは華やかな光沢を放つ。あえてアンフィニッシュにした刺繍は、その不完全さがBlack Mountainの中心人物であるAnni Almersの芸術的才能を彷彿させる。テキスタイルのミックスはアクセサリーにも反映。ベルベットやレザー、真鍮のメランジのローファーは、文学的な知的さを感じさせ、ハイシャインのメリージェーンは、レトロでガーリッシュな魅力を。アイコンのひとつであるLee Bag(リー バッグ)には再構築したバージョンが新たなバリエーションとして登場。大振りなクリスタルのイヤリングとブーツは80’sの影響をうけている。また、ショー会場には日本から森星さんも来場した。