TOD'S 2019-20 A/W MEN'S COLLECTION「Gentlemen’s Flow」トッズのジェントルマンに漂う、時代を越えたエレガンスが新たなペースで動き出す

TOD’S(トッズ)の2019/20年秋冬メンズコレクションは「Gentlemen’s Flow(ジェントルメンズ フロウ)」。トッズのジェントルマンに漂う、時代を越えたエレガンスが新たなペースで動き出す。欲求と機能性とを絶え間なく均衡させることから生じるリズミカルかつ調和のとれたフロウ(波)であり、それは異世代間でも共通して見受けられる一つの潮流。このブランドの特異的なスタイルとイタリアならではの伝統が、素材や技術そしてその美しさという点において更なる進化を遂げる。軽さと快適性が主たる要素であり、着心地の良さ、そして履き心地の良さが重要。デラヴェ(délavé:洗いざらし)ウールやウルトラライトカシミアにレザーを組み合わせて作るトレンチコート、オーバーコート、ボンバージャケットやダブルブレステッドのアウター類。サルトリアルのアイテムではテクノテイラリングの技術を活かし、ワークウェアのディテールや新型のポケット、ジップデザインを取り入れた。スクード(伊語:盾・シールド)は新たなウォータープルーフ素材で、機能性の高いアウ ターウ ェアやアクセサリーに採用。キルティングジャケットはエコサステイナブルな素材であるウォーターボーンを纏い、柔らかなレザーのような風合い。タンクソールは、モカシンやビートルブーツ(サイドゴアブーツ)、レースアップシューズで都会的な足跡を残す。ゴンミーニ キャップは、ゴンミーニのソールのパターンをエンボスした新たなトゥキャップがアッパーを取り囲み、力強さと個性を発揮。ゴンミーニ グローブは、アイコニックなトッズのモカシンに、ネオプレンとヒールを強調するラバーストラップを新たに追加することで、より足へのフィット感を高める実験的進化を遂げる。アーバンランナーは、ベルクロ留めを付けたブラッシュドカーフスキン(艶感のある牛革)のランニングシューズ。その硬質的な美しさを和らげる新たなソール。ハイブリッドかつミニマルでシューズの汎用性や着用シーンを最大化する。ラバーのシェルがサポートする高級感ある新ハイテクアッパーが、上質なクラシックシューズに一段階上のパフォーマンスをもたらすレースシェル。人間工学に基づいたエルゴノミックシェイプのバッグとバックパックは、触れることで感じるパッシュレザー(パシュミナのような風合いのレザー)の手触りに魅了され、中綿入りのキルティングを幾何学的なレザートリミングと二色のストライプが縁取る。

TODS

www.tods.com