Moschino Fall/Winter 2019 Menswear & Women’s Pre-Collection フェデリコ・フェリーニ監督の『甘い生活』のシーンを彷彿とさせるカラカラ浴場の廃墟のセットをディスコに

Moschino(モスキーノ)Fall/Winter 2019 Menswear & Women’s Pre-Collection。コレクションの舞台は、フェデリコ・フェリーニ監督の『甘い生活』のシーンを彷彿とさせるカラカラ浴場の廃墟のセットをディスコにした。ラテン語の刺繍が入ったヘリンボーンのツイードコートは、深い赤やゴールデンイエローのサテン サシェのラッフルやフリル、リボンで装飾。メンズウェアは、優雅でドラマティックなクチュールイブニングガウンと組み合わせる。キャストの中には、サティリコン、8 1/2、カサノバ、ローマと甘い生活など様々な映画に登場するフェリーニ。ローマ神話に出てくる人物やラテン語の碑文は、赤や青のスカーフにプリントされている。古代ローマの百人隊の鎧は、レディースのイブニングドレスやメンズのスポーツウエアとミックス。イタリア貴族の華やかな法廷のガウンは、短く切り取られて、フェリーニ作品のシーンの様な鳥かごのスカート。トラックスーツは、ビジューや艶消しのメタルゴールドの刺繍で装飾され、バストや腿の骨が表現されている。華やかさと直感のミックス。オフデューティーのショーガールの段々のビーズ付きフリンジのドレス。ダッフルコート、ボンバージャケット、パッドやキルトでパディングされた予想外のミリタリースタイルは全ての魅力を引き立てる。その時代のコスチュームで走るシーンに寒さを防ぐためのパーカーを羽織っているの?2つの異なる時代のシーンを一緒に撮影しているの?軽率と繊細を同時に大げさにするシーンを作る必要がない様に見せる。インスパイアと陰謀を探し求めるだけ。それは、シュールです。それは、映画です。それは、フェリーニです。それはモスキーノです。