COACH 2019 Pre Fall Collection「Coach Lights Up Shanghai(コーチがライトアップする上海)」世界で最も個性的で活気のある2つの都市-上海とニューヨーク-を融合

© 2018 Orangimage Studio

COACH(コーチ)が、クリエイティブ・ディレクターのスチュアート・ヴィヴァースによるプレフォール 2019 メンズ&ウィメンズ コレクションのランウェイショーを、ブランド初となる中国・上海の西岸アートセンターで開催。“Coach Lights Up Shanghai”(コーチがライトアップする上海)と題されたショーとその後のアフターパーティは、コーチの中国上陸15周年記念日に開催された。コーチのオプティミスティックでインクルーシブな姿勢にインスパイアされ、ショーは世界で最も個性的で活気のある2つの都市-上海とニューヨーク-を融合させ、この都市が共有する“bright lights, big city”が浮かび上がるネオンのスペクタクルでそのエネルギーを表現。コレクションでは、ニューヨークならではのスタイルとこの都市でのコーチの立ち位置を探る感覚を刺激する体験が表現された。そこには、ロックンロールのエレガンスが1970年代初期のアリス・クーパーの大胆な美学を連想させるトワイライトワールドが広がる。長く流れるようなシルエット、厚底でパッチワークを施したシューズ。フローラルドレスの誇張されたハンカチーフヘム。まるで肌の一部になったかのような軽やかなドレープが入ったソフトレザーとスエードのジャケット。鮮やかなカラーの雲のようなシアリング“チャビー”ジャケット、気に入って着古したようなモヘアのセーターは、力強い抽象画のような大胆なグラフィックが目を引く。 新イットバッグの“ドリーマー”は、ドレスアップしたキスロック クロージャーで進化を遂げ、コーチのシグネチャー パターンに華やかなパッチワークをあしらっている。また、中国を拠点に活躍するコンテンポラリーアーティストとのコラボレーションがコレクションの中心となり、そのクリエイティブな才能でコーチの人気キャラクター、恐竜のRexy(レキシー)をリメイク。Sui Jianguoのティラノサウルスのスカルプチャーは歪んだフォトプリントを制作するために撮影され、音楽ユニットのYETI OUTはレキシーを彼らのシグネチャーグラフィックであるラウンドフェイスと融合させた。Zhu Jingyiはプレイフルにコーチのマスコットを伝統的な墨絵で再構築し、アーティストのGuang YuはRexyを力強い手書きのグラフィティプリントで再解釈。会場には、女優で現在のブランドのフレグランスの顔であるChloe Grace Moretz(クロエ・グレース・モレッツ)をはじめ、女優・モデルであり、現在ブランドアンバサダーを務める水原希子、BLACKPINK(ブラックピンク)のJi Soo(ジス)とRosé(ロゼ)、日本からはAMIAYAも来場した。