Chloé 2019 Spring/Summer Collection ヒッピーモダニズムの魅力を潜在意識から呼び覚ます

ニューエイジのリバイバルを感じさせるChloé(クロエ)の2019年春夏コレクションでは、ナターシャ・ラムゼイ=レヴィがヒッピーモダニズムの魅力を潜在意識から呼び覚ます。赤道直下の太陽の下、大地の喜びに満ちたクロエガールが過去を振り返る旅へ。カウンターカルチャーの思い出の品に思いを巡らせながら、太陽のエネルギー、そして官能性と女性らしさ、ユートピアの発展という前衛的な構成によってコレクションが鼓動を刻む。自由奔放な女性の生活や彼女が愛する芸術を踏まえたガーメントは、古代の生地がインスピレーション源。シルクスカーフ、カーペット風のジャカード、イカット、ラダーリネン、プリーツモスリンが、ラップやバイアスカットのレイヤリングを際立てる。進化し続けるコレクションのカラーは、セラミックの無彩色、オレンジテラコッタのサンセットシェード、褪せたブルー等が揃う。グラデーションを描く空に挙げた手のシルエットは、神聖な女性を包摂したシンボルを表現。「パレオ」効果がふんだんに用いられた今季は、シルクを編んだラリアットベルトでフロウスカートとフレアパンツのボリュームを絞り、ハンカチーフヘムで常に動きを持たせている。ブラウスとチュニックは女神のようなプリーツや目の粗いニットでカスケードを描き、タンクドレスとジレはタペストリーとデニム調に仕上げられたシルクによって生気を放つ。ロマンチックなガウンがロココ調の模様やペンキに浸したような層によって彩られ、シェルの刺繍とジェムのハーネスは、感情を解き放つフェミニニティとお守りを表現する小さな宝物としてコレクションを飾る。足元は、バックル留めのフラットシューズ、アシンメトリックなサンダル、グラフィックなミュールがクロコレザーやタペストリーの生地で人間工学的な曲線を描く。「Tess」はエアブラッシュ加工のスエード(Airbrush Suede)で登場し、新たな「Chloé C」バッグはパッチワークとネオンのグラデーションでスクエアシェイプと実用的なシェイプになって登場。クロエのアイコンである「Marcie」は10周年を記念し、光沢のあるクロコ型押しレザーでアップデートされている。