Mulberry 2019 Spring/Summer Collection 明るくポジティブなエネルギー溢れる60年代のビートによって新たな生命が吹き込み粋なスタイルにお洒落なひねりを

Mulberry(マルベリー)の2019春夏コレクションは”最先端の流行”。英国の伝統と文化が脈々と息づいているブランドであり、英国の歴史のページを常に新しく刻み続けているマルベリー。60年代の英国は世界に多大な影響を与え、ポップカルチャーの転換点を定義づけた。自由、解放、革命が謳歌された時代の流行が、今日に通ずる最先端なファッションを生み出したのです。2019年春夏コレクションでは、クリエイティブ・ディレクターの ジョニー・コカがその時代の美のみならずムードからもインスピレーションを得ており、明るくポジティブなエネルギー溢れる60年代のビートによって新たな生命が吹き込まれ、粋なスタイルにお洒落なひねりが加えられている。「英国らしさを生み出す要素は様々です。前シーズンまでは、独立心旺盛で、上品でかつ上流階級的でありながらも、艶やかでロマンチックな女らしいイメージを想起してきました。今シーズンは、英国文化を決定的に定義づけた躍動的な60年代に立ち返り、象徴的で快楽至上主義的なイメージを打ち出したいのです。楽しく、活発で、快活で、気取らず、スタイルにも優れ、広く愛される、そんなイメージです。60年代のムードに浸りながら、今日のスタイルを主張するコレクションです。」とコカは語る。この上なく魅力的な60年代のシルエットはマルベリーの2019年春夏コレクションの創造性に刺激を与えている。エネルギー溢れるフレッシュでポップな風合いや、布地、プリント。若々しくて躍動感のあるミニスカートやふわりと飜るコート、ピーコート、トレンチコートなど、楽しみが広がる。すっきりした直線から甘くて女らしい曲線の裾まで、すべてに第一級の仕立て技術を取り入れている。60年代の英国のオートクチュール黄金時代、当時のロンドンのカーナビー通りやキングス・ロードを彩ったファッション、一世を風靡した伝説のモデルなど、全てがファッションのインスピレーション。複雑精巧な手編みで織られ、微妙なメタリックの色合いをしたドレス、そしてそれにぴったりなつば広の帽子が洗練された都会のイメージを打ち出す。赤、青緑、ロイヤルブルーに、クラシックなネイビー、キャメル、グレイがビビッドな陰影で組み合わされた色彩。 甘いアーモンド色のパステルカラーに、ミント、レモン、ソフトピンクが目に鮮やかな白と溶け合っている色合い。さまざまな形状を凝らしたプリントでは、ポップな水玉模様と四つ葉のデイジー模様が芸術的に織り成されているものや、ギンガムチェックの格子柄、そして透けそうなほど薄い高級絹地にサイケデリアックに滲んだ花柄などを展開する。