MAISON KITSUNÉ Spring/Summer 2019 Collection イタリアの海岸への旅をテーマにバカンスの思い出に溢れた「Ancora Tu」コレクション

MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)の2019春夏コレクション。陽の光につつまれた景色。シトラスフルーツの香りの魅惑的なフレグランス。山腹にある採石場。甘い余韻が続くジェラート。岩に打ち寄せる波の音。トラットリアのギンガムチェック柄のテーブルクロス。スクーターで駆け抜け、ケッパーの茂みが揺れる曲がりくねった道…。2019年春夏シーズン、MAISON KITSUNÉはイタリアの海岸への旅をテーマとした、バカンスの思い出に溢れた「Ancora Tu」コレクションを発表。ミラノから始まり、イスキア島とカプリ島を経由してファヴィニャーナ島へとたどり着いた夏の逃避行。そのおぼろげな記憶は、目が覚めるようなプリントと太陽の色によって再現されています。カラーパレットには、海と石灰石の壁をイメージしたブルーとベージュを基調とし、ホワイトとペールグレイと合わせて。また明るいグリーン、深い赤、ピリッとした黄色などのポップなカラーが差し色としてコレクションを活気づけます。ポストカードや旅行記のグラフィックがコットンTシャツとサテンのスーベニアジャケットを飾り、またシチリアを象徴するレモンが刺繍、パッチ、シルバーのリベットなどにフィーチャーされ、また様々な種類のチェック柄がコレクションにエッジを利かせています。MAISON KITSUNÉがイメージした、ストロンボリ島のビーチに位置する架空のホテルが、島に立ち寄ったゲストを迎え、カラフルストライプの生地や、セーラーのユニフォームからヒントを得たゴールドまたはマザーオブパールのボタンのディテールからは潮風を感じられ、またシグネイチャーであるフォックスはイタリアントリコロールカラーに彩られ、太陽の光を浴びています。今シーズンのスタイリングは、レイドバック且つエレガンスで、また夏限定のスポンテニアスな着こなしで、大胆にジャンルをミックスしています。ようこそ、MAISON KITSUNÉによるLa Dolce Vita(甘い生活)の世界へ!