ミラノ/リナーテ空港で開催 EMPORIO ARMANI 2019 S/S Collection ‘IN TRANSIT’自分の本能に従って自由にインスピレーションを引き出す キャメロン・ダラス、ベッキー、AMIAYAら豪華セレブリティーも来場

EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)は、ミラノ/リナーテ空港内にある航空機格納庫で、2019春夏コレクションショーを開催。アルマーニの原点、ミラノにあるリナーテ空港でファッションショーが開催されるのは史上初で、この記念すべき日にアルマーニは初めてレディースとメンズのコレクションを同時に発表、EMPORIO ARMANIのロゴとイーグルマークが冠された、エンポリオ アルマーニを象徴するこの空間で革新的なショーを開催した。今シーズンは、旅をすることで、その一瞬一瞬をつかむ。‘IN TRANSIT’をテーマに「自分の本能に従って自由にインスピレーションを引き出す」という、ブランドのDNAともいえる「自由な精神」を再解釈し、その精神をコレクションに反映。その自立した精神とマインドは、同じ美意識を共有するメンズとレディスのルックが同時に発表されることによってより強調されている。滑らかで張り感があり、統一感のある絹のようなマットな素材を用い、レディスからはデコンストラクテッドなジャケットや流れるようなシルエットのマスキュリンなスーツが登場。また、フルレングスのトレンチコートは直線的なシルエットが際立つ。都会的なスタイルは、様々な厚みのファブリックの組み合わせによって、アクティブでより活発な表情に仕上げられている。ルックの数々は、ジャケットにバミューダパンツを合わせたり、スニーカーをレザーとチュールで仕上げたり、ロングドレスにコンパクトなリュックサックを合わせるなど、絶妙に着崩され、全体にスポーティさをプラス。色彩はサンドカラー、ダークグレー、ベージュ、といったアースカラーから、パステルピンク、グリーン、ネイビーからデニムまで幅広く旅をする。レディスのアイテムの多くにはルレックスのアクセントが加えられ、イブニングウェアパートではロゴがボディ部分にあしらわれたガウンやミッドナイトブルーのドレスなどが登場。メンズでは、レインドロップの刺繍がエレクトリックな雰囲気でちりばめられたアイテムや、ブルーのスパンコールのショートパンツなど、ランウェイを華やげるアイテムが登場する。多機能なマキシサイズのバッグ、クリアなカットラインと重量感のあるボリュームのシューズなどメンズ小物は男性らしさを強調するアイテムが多く登場。逆にレディスではアンクルブーツや構築的なかかとが特徴的なシューズ、ロゴ入りのミニバッグなど女性らしいアイテムが多く登場し、メンズとの対比を楽しめる。アクセサリーはダイナミックなアイテムが多く登場し、エンポリオ アルマーニの精神を色濃く表現している。また、過去最大規模のファッションショーには、ミラノコレクション初参加の日本人のタレント ベッキーさんをはじめ、西内まりやさん、AMIAYAさん、インスタグラムフォロワー2,000万人超のフォロワーを有する世界的インフルエンサー キャメロン・ダラスなど、今を代表するミレニアル世代の豪華セレブリティがフロントローに集結。この日のために特別に設営されたコレクション会場では、メンズとレディースルックあわせて191体のルックが披露された。