TARO HORIUCHI 2019 Spring/Summer Collection「Pale Fogged Vison」ジョージア・オキーフの作品に登場する淡く強い花や骨や風景の美しさ。アグネス・マーティンの淡々と並び連ねる線の重なり。

TARO HORIUCHI(タロウホリウチ)の2019春夏コレクション「Pale Fogged Vison」。Georgia O’Keeffe(ジョージア・オキーフ)の作品に登場する、淡く強い花や骨や風景の美しさ。AGNES MARTIN(アグネス・マーティン)の淡々と並び連ねる線の重なり。女性のアーティストの強さと繊細さ、そして危うさのグラデーションを想像しながら作られたコレクション。アーティスト、Yuliya Gryaznova(ユリヤ・グリャノヴァ)とコラボレーション。今コレクションのためにユリヤは、「部屋に佇む女性」と「様々な国に宿る花々」を鮮やかに描き下ろした。ユリヤは、ロシア生まれで現在はシンガポール在住。彼女の持つ多様な文化的影響やそのコントラストを、デザイナーが想像してコレクションの要素にも混ぜ込んでいる。