Harikae 2019 Spring/Summer Collection「民俗学」日本の様々な土地の祭りや芸能で纏う衣裳をモチーフに展開

Harikae(ハリカエ)の2019春夏は、民俗学という視点から、日本の様々な土地の祭りや芸能で纏う衣裳をモチーフに、コレクションを展開。祭事で用いられる伝統的な五色をベースとしたカラーニットテープをアクセントに使用したシリーズ、鳥取の「麒麟獅子舞」や鹿児島の「大平獅子舞」をモチーフにした、首から胴がひと続きのシルエットとなるパーカーや羽織り、愛知の「榊鬼」をモチーフにした3WAY のワンピース等、複数の着こなしが可能なコレクションに。民俗学者の畑中章宏氏と共に、民俗学の視点からファッションの未来を考察。その論考を全文プリントしたTシャツは、メディアのような服となることを意図している。