Paul Smith 2019 S/S Collection ブリティッシュスタイルと同義語であるサブカルチャーの歴史にインスピレーションを得てテーラリングに新たなスタイルを提案

Paul Smith(ポール・スミス)の2019春夏コレクションは、ブリティッシュスタイルと同義語であるサブカルチャーの歴史にインスピレーションを得て、引き続きテーラリングに新たなスタイルを提案。今という時代にふさわしいテーラリング、80年代初頭にそれまで重く堅苦しかったテーラリングをよりソフトなものへと変化させた自身の経験から、ポールは再びスーツに新鮮な活気を与える。大胆に誇張されたシェイプやシルエットはかつて流行したスタイルを彷彿とさせるものの、仕立てとスタイリングは現代的にアップデート。以前は重量500gであった伝統的なテーラリング生地は、スタイルはそのままに200gほどに軽量化されたウール素材に進化し、今の時代に求められている汎用性や快適さを追求。着やすさと機能性の追求はポール・スミスのデザイン精神に深く刻み込まれており、緩やかなシルエットやスポーツウェアのニュアンスはポールが幼少期より深く愛するサイクリングからヒントを得ている。明るく夢のような色彩のパレットは、スーツやレザートラウザーズ、アウターウェアなどに効果的に差し込まれる。ウィメンズのテーラリングはメンズと同じカットや生地を数多く採用しているものの、ポール・スミスの描くフレッシュで力強いアティテュードの女性像を明確に表現。汎用性の高いテーラードセットアップに加え、手描きプリントが軽く実用性も兼ね備えた美しいシルエットのドレスやスカートの上を踊る。チェッカーボード柄(市松模様)のソックスやインターシャニットは、レースのフィニッシュラインで振られるフラッグにインスピレーションを得て、コレクションにポール・スミスらしいユーモアを加える。また、デザイナー初期の時代に考案したフォトグラフィックプリントを精度高く巧みに使用。ポール自身の写真撮影への想いを刺激し続けた、熱心な写真家であったポールの父ハロルド。 ポールと父が撮りためた写真のアーカイブから選んだ作品はフォトグラフィックプリントとして使用され、メンズではアウターウェア、ウィメンズでは流れるようなシルエットのドレスやコートに絵画のように落としこまれている。メンズシューズは、グッドイヤー・ウェルテッド製法で仕上げたローファーやチェルシーブーツなどの典型的な英国スタイルをフィーチャーしつつも、シューズのプロポーションやシェイプにひねりを加えデザインを誇張することで個性的に。一方のウィメンズは、アンクルブーツがレースアップやスネークスキンで登場するほか、2色のレザーを編みチェッカーボード柄を表現したストラップシューズが同じデザインのハンドバッグとともにアクセントを加えている。ショーでは、イギリスを代表する老舗眼鏡ブランドの「カトラー アンド グロス」とコラボレートした新たなスペクタクルズコレクションを初披露(日本発売未定)。アイコニックなそのフレームには、ポール・スミスらしいカラーリングがほどこされている。