LOEWE Spring/Summer 2019 Men's Collection ボヘミアン・ライフスタイルの親和性 #LOEWESS19

ジョナサン・アンダーソンがデザインしたLOEWE(ロエベ)の2019春夏メンズ・コレクションは、キャンディーストライプのリボンとレインボーカラーのポンポンで装飾されたナイーブな少年の遊び場と化したロエベのパリ、サン=シュルピスにある本社で発表された。コットンのフリンジとパステルのテープが巻かれたショーケースにロエベのレディ・トゥ・ウェアとアクセサリー類が宝物のように配置され、強い個人主義の精神を称える。2度目となったアメリカ人フォトグラファーDuane Michals(デュアン・マイケルズ)による11人の男性像のポートレート撮影は、マドリッドにあるプライベートホーム、カサ・ガヤルド にて様々な衣装(時には衣装を身につけず)を纏って行われた。マイケルは不合理な物語を手書きでタイトルとして記し、自発的なその男性像は、タイムレスなドメスティック・ヒーロー達を作りあげた。ボヘミアン・ライフスタイルの親和性を語ったコレクションは、かすんだ子供の頃の記憶、ボタニカルやウニ、ステンドグラスといったジオメタリックなモチーフ、タカラ貝や巻貝、バンダナや神話にでてくるようなライオンなどを多用し、時と場所を越えて禁制なるボーイッシュなドレスアップ・スタイルを表現。ディズニーとのコラボレーションにより、空を飛ぶ大きな耳のダンボ(Dumbo 1941)も、コロニカル・プリントの上に刺繡で施された。スエードのハサー・ジャケットや粗い布地のショーツなどモダンに解釈された古典的なピース、ストーンウォッシュのデニム、フータ・タオル・コットンやコーデュロイが風化したリッチさを呼び起こし、ウォーターメロン・ストライプのニットで作られたリラックスしたシルエットのスーツ、パイソン、インクのしみが施されたリネンとコーディネイト。また、プレゼンテーションの中で“EYE LOEW NATURE(アイ・ロエベ・ネイチャー)”と名づけられ、2019年1月に発売を予定するアウトドア・コレクションのキャンバス地のバックパックとトート2型がお披露目された。これらのバッグにはM/M Parisがデザインしたパッチが施されている。デュアン・マイケルズによるパブリケーションは(タイトルのイラストもアーティストによって仕上げられた)、ベンジャミン・ブルーによるスタイリング、M/M Parisのデザインによって1200部限定で作成される。

Loewe SS19 Me