HERON PRESTON 2019 S/S COLLECTION “en VOGUE” セイフティウェアのグラフィック、ハードウェアのディテールと機能服を再構築し「労働者」の美学を探求

HERON PRESTON(ヘロン・プレストン)2019春夏コレクション『en VOGUE』。ブランドのDNAである作業服との魅力、産業デザインからの斬新なインスピレーションを受けて、セイフティウェアのグラフィック、ハードウェアのディテールと機能服の再構築をテーマに展開する。「労働者」の美学を探求し、工場のアッセンブリーラインや、ファクトリーでよく見られるプリント、シリアル番号、コードをハイファッションにアップグレード。アウターウェアには90年代のスポーツウェアのカラーブロックをグラフィックTシャツのモチーフはオーストラリアの地形の俯瞰の図から作られた。ブランドのシグニチャーである “STYLE”という文字は2018年10月にオープンする香港の店舗を記念して、漢字の「風格」にアップデート。アクセサリーでは、保護ケースからインスパイアされた、プラスチック製のツールキットハンドバッグやファニーパックとバックパックがハイブリッドしたデュアルファニーバックパックも登場。ワークウェアからインスパイアされたベストがスタイリングのステープルになっている。ウィメンズでは、カーゴスカートのサイドポケット、リフレクティブジッパー付きのパーカーなどインダストライアルなものからインスパイアされたシルエットやディテールを多様に使用。また、ネットディテールを取り入れたスウィムウェアも登場する。また、今シーズンNikeとのコラボレーションであるパフォーマンスアイウェアNike Tailwind HPを発表。ヘロンはNike Visionデザインチームと緊密に作業をし、Nike Tailwindの象徴的なシルエットをリフレッシュし、リフレクティブなグレー、オレンジグレー、イエロー、ブラックの4種類の交換可能なアクセサリレンズを完備したフレームを作った。 競技中に変化する日陰に合わせてレンズを変えられるようになっており、なめらかなラインのフレームにはヘロンのシグニチャー”HP”と”STYLE”ロゴが装飾されている。洗練された、軽量で輪郭のあるデザインで2008年にデビューしたNike Tailwindは、グリップ性、安定性、快適性に優れており、調整可能なベンチレーションノーズパッドにより、安定性を高め、また汗をかいても曇りにくく、アスリートにとって最適な逸品。「Nike Tailwind HP」は、Nikeの直営店舗やNike.comで販売される予定。