MISSONI Spring 2019 Collection 様々な文化、エスニックな風習、トライバルな様式。それらをロマンティックに翻案して服をイメージ

MISSONI(ミッソーニ)の2019春は、自由で、冒険に富んだ記憶がいくつもの層になって呼び覚まされる。様々な文化、エスニックな風習、トライバルな様式。それらをロマンティックに翻案して服をイメージし、着こなし、身体と融合させる、服は拡張した自分自身、情熱と経験と記憶と旅の思い出の、詳細にしてパーソナルな表現に変貌する。かつて住んだ、あるいは夢見た、数々のはるか遠くの土地が次々と合流し、今、形をなしてゆく。ブラック&ホワイト。カラフルな色彩。セージ、エクリュ、オレンジ、パウダー・ピンク、白。淡く古色を帯びた色たちが、グラフィック模様、ジオメトリック模様、ミッソーニ・メゾンのアーカイブから引き出された斬新な意匠とアイコニックなモチーフの花柄プリントの中を流れ、プリンテッド・レザーの柔らかなテクスチュア、紙のように薄い布地のはかないボリュームと作用し合う。モチーフと色(マテリアル)が互いに引き合い、重なり合うように混ざり合い、新しいプロポーション生む。一目瞭然。波模様、ジグザグ模様のスペースダイ・パターンの四角いパッチワーク・ジャケットは、アーカイブの中のファブリックを使った一点もの。ロング・ドレスのボリュームをクロップド・トップとニット・カーディガンが断ち切ってゆく。ふくらはぎ丈でカットした、あるいは足首上で折り上げた、太いストレート・パンツ。厚手のコットン/リネンのニットでできた大きなターバンが、こうしたロマンティックな服のエキゾチックな面立ちをいっそう強調している。服に美しさを添えるのは、紐のようなゴールド・チェーン、かぎ針編みのクロシェ・ディテール、フェティッシュなペンダント。天然貝とマルチカラー・エナメルのフラワー・インレーを繋いだリエゾン・ネックレスは、大きな指輪、ペンダント型のイヤリングと一揃いのアクセサリー。もうひとつは、大きな金色の輪を花柄プリントの布で覆ったイヤリング。カラフルなカーフスキンのメンズライクなシューズがパンクな感覚を呼び起こす。フロントの明るい色のリボン・レースがシャープなデザインを引き立てるもの、パテント・レザーのオックスフォード、あるいはマルチカラー・カーフスキン。どれも若干のプラットフォーム。