ÁERON 2019 RESORT COLLECTION 80年代の覚醒しつつあるブタペスト

ÁERON(エアロン)の2019年リゾートコレクションは80年代の覚醒しつつあるブタペストを彷彿とさせる。それは厳格な社会主義体制の表面に亀裂が生じ、西側から新鮮な空気が流れ込みつつある10年。当時のルールの崩壊と弛緩は、着崩し方やクラシックな形を再度作り直した事で表現され、若いハンガリー人が自由な生活を経験しながら戸惑っている様をディテールや機能があるべき所でない所に取り付けて表現されている。スタイルは所々コンサバな雰囲気を残しつつも全く新しいヒネリを持ち、それは当時の人々が西側諸国の生活様式を取り入れ順応するよう努力している模様を表現。また、アシンメトリーなスタイル、ルーズフィット、背中や肩を出す形は当時の服従の生活への反抗と変化を欲する気持ちが表現されている。蛇革、皮革、シルク調などの素材や風合いは、当時の社会主義体制時代に隠し持たれていた贅沢な品々。色調ではアースカラーをベースとし、トーントーンのプリントや光沢のある色とマットな色の組み合わせ、暗い色と明るい色の色使いが当時の継続的な変化と進化するアイデアの様。