Alexander Wang Spring Summer 2019 Collection 1 アメリカの歪んだ感性とアメリカ系中国人であるアレキサンダー・ワンのルーツとコミュニティから見たアメリカンドリーム

Alexander Wang(アレキサンダー ワン)の2019春夏は『コレクション1』と名付けられ、新しい時代へ。ショーは自由の女神とブルックリンブリッジの上にはためくアメリカの国旗という二つの自由を象徴する二つのランドマークに挟まれたPier 17のルーフトップで行われ、コンクリートとアスファルトとアスファルトが堅く詰まった建物をバックに行われたこのショーで、現代のアメリカの歪んだ感性とアメリカ系中国人であるアレキサンダー・ワンのルーツとコミュニティから見たアメリカンドリームが表現された。「今シーズンからALEXANDER WANGを一新させることを決め、私はこのコレクションをCOLLECTION 1と名付けました。私のホームであり、自分のブランドが生まれた街、NY(特にダウンダウンのSOHOの南側、トライベッカの東側にあるチャイナタウン)。ここに根付いたスピリットを表現していきたいと感じたのです。私は移民の息子です。中国系アメリカ人一世である僕にとってファッションはアバンギャルドなラグジュアリーを意味しています。今日から、Alexander Wangのブランドロゴも新しくしました。新しいロゴは今までよりもデジタルっぽい、インパクトがありながらも楽天的な、小文字のフォントを使用しました。新しい時代と新しい日に、私は自由の女神とブルックリンブリッジの上にはためくアメリカの国旗という二つの自由を象徴する二つのランドマークに挟まれたPier 17のルーフトップでショーを行います。コンクリートとアスファルトとアスファルトが堅く詰まった建物をバックに行われるこのショーで現代のアメリカの歪んだ感性と、私のルーツとコミュニティから見たアメリカンドリームを表現しました。ブランドのDNAである「ストリート」は引き続きコレクションの中心となり、新しい物語が語られ、そのストーリーは2018年10月から始まる5回のデリバリーに合わせて分けられています。幼い時に自分がアウトサイダーと感じさせられた象徴的なアメリカのポップカルチャー、再解釈したアメリカンフラッグ、スポーティーな要素にロックンロールとニューヨークのパンクを組み合わせハイブリッド化したガーメント、輝くメタルでのスタッズを打ったレザー、安全ピンで装飾したドリームキャッチャーと鎧のセカンドスキンのようなインナー、ステートメントなハードウェアと実用的なテクニカルな素材を官能的なシノワズリのモチーフとシンボル発展させ、伝統的なドレスに見られるかしこまった印象を排除しました。私のパーソナルな体験をもとに今回のショーを誠実に表現しました。アメリカは誰にとっても包括的な国です。今回のコレクションは私の人生のストーリーです。私は季節性の壁を崩し、すべての人が理解しやすい言語を話したいと思います。私の過去、私の未来、私の街を誇りに思います。」とアレキサンダー・ワンはコメント。ショー会場では「Coming to Ameica」というテーマの土産物屋のグッズからインスパイアされたカプセルコレクションが発売され、グラフィックアーティストのファーガス・パーセル(Fergus Purcell)とのコラボレーションでデザインされたニューヨークの象徴的な店のネオンサインをモチーフにした遊び心のあるモチーフをプリントしたアパレルアクセサリーの7ピースコレクションをお披露目。また、ショーではOakleyとのコラボレーションサングラス、Fox Racingとコラボレーションしたグローブ、Adidas Originals by Alexander Wangのスニーカーも発表された。