EACH X OTHER RESORT COLLECTION 2019「FUELING THE FUTURE」カリフォルニアの夕日と朝日の光からインスパイア

カリフォルニアの夕日に燃え、創造する心とともに朝日に出でよ。EACH X OTHER(イーチ x アザー)の2019年リゾートコレクションは、カリフォルニアの夕日と朝日の光からインスパイア。設立当初より芸術表現を中心に据えてきたEACH X OTHER。今シーズンは「FUELING THE FUTURE」というテーマを掲げ、あらゆる時代のシーンから得たインスピレーションを大胆に再解釈し、未来展望を表現する。レトロなバイカースタイルからナイトクラブ”Studio54”よりインスパイアされたスタイルまで、大胆でグラマラスなエレメント、フェミニンなテーラリング、アーバンスポーツ、70’S のセクシーさをミックス。ヴィンテージの定番アイテムを現代的に再解釈し、クラシックなタキシードスーツではスパンコールによりアニマル柄を表現し、シャープなスーツには滝のようにビーズを装飾している。夜明けまで続くパーティーに最適なラムレザーのアシンメトリードレスにデイウェアのフリルを使用することでセクシーさを。ハイブリットのディテールにより、コレクションが個性的に仕上がっている。シルクのスカーフには、ガソリンタンク、スターターケーブル、タイミングベルトといったガレージのモチーフが鮮やかにプリントされ、シルクのブラウスとシャツドレスのネックラインには一般的なラバリエールではなくバンダナがあしらわれている。また、シャツはボディースーツのようなデザインで、それに合わせているオーバーサイズデニムのウエスト部分にはベルクロを。ゴムで絞られたバイカーのディテールはポエットブラウスの袖により個性的な印象を与え、スカートはレーシングパンツのようなウエストバンドによりシルエットが強調されている。ピンヒールの白いブーツは、ウエスタンとバイカースタイルのミックスを表現。グラフィックは引き続き重要なモチーフの1つ。F1 グランプリにインスパイアされたEACH X OTHERロゴのパッチが装飾されたアイテムや、ライニングに”If you want to go fast, go alone; if you want to go far,go together”という心に響くことわざをプリントしたジャケットが登場。フレアパンツ、ブルゾンなどのレザーのアイテムは、ユーズド加工によりエレクトリックイエローが現れてくる。今季のコレクションは、黒と白といったシンプルな色ではなく、レトロなモーヴ、モカ、ダスティピンク、くすんだインダストリアルオレンジと、フレッシュライム、ブルー、パープルの鮮やかなレインボーのコントラストの効いたカラーパレットによって構成。グレンチェックや、バイカーストライプのように、それぞれのカラーブロックが今季のコレクションテーマを強調している。洋服は、着る人のパーソナリティと日常生活によって唯一無二のクリエイションとなる。個性を尊重する精神を示唆し、ブランドの本質であるファッションとアートの融合を体現する。

©️EACH X OTHER / MOVIE (Model credit : Valeria @Trends)