CALVIN KLEIN 205W39NYC Pre-Spring 2019 Collection「若者の経験コレクション」アメリカンユース、大学のサークルや学生時代の定番ウェアをモチーフにしたワードローブ

CALVIN KLEIN 205W39NYCのPre-Springコレクションは「若者の経験コレクション」をテーマに、アメリカンユース、大学のサークルや学生時代の定番ウェアをモチーフに、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのRaf Simons(ラフ・シモンズ)が打ち出したカルバン・クラインの新しいコードを明確にするワードローブというビジョンを展開。作品は、若者が集う経験コレクションを起点とし、チームスポーツやキャンプ、大学、ハイスクールのプロムパーティーから得た発想が、世紀半ばのオートクチュールを彷彿させるルックと融合し、アメリカ調に再現されている。例えば、タートルネックは長いイブニングガウンに、アンティークなシュラフはキルトジャケットになり、スキューバやウォータースポーツアイテムはスリムなパンツやCabanコートに。柄はクラシックなポルカドット、タイダイ、カレッジストライプ。コレクションに序例関係はなく、球技用ウェアとボールガウンが横に並び、アメリカンタイムを平等に表現。テクニカラーフィルム、ポップアート、ダイナーのグーギー建築から取り入れた明るく鮮やかな色彩は、ポジティブな陽気さをコレクションに落とし込んでいる。メンズ、ウィメンズも、シルエットには、フィット感とゆったり感の対比を。実用的なユニフォームやニット、テーラー仕立てを扱う際のラフ・シモンズのカルバン・クラインの真髄はここにある。「シニア」コートは肩幅が広く、クラシックなスーツ生地で仕立てられ、新しい袖の形は、力強く曲線を描くフィンをシルエットに添えている。スポーツを遊び心豊かに取り入れていて楽しい。アクセサリーはスポーツアイテムやスポーツイベントをモチーフにし、靴やハンドバッグのデザインは、ボーリングや野球、バスケットボール、アメリカンフットボールといった様々な球技から着想を得ている。その独自色は靴とハンドバッグにも。カルバン・クラインはこのコレクションでアメリカの2つの大学、カリフォルニア大学バークレー校とイエール大学と提携。これら2大学のロゴとエンブレムは本来の文脈から切り離され、美しいアメリカ風物誌を心から称える賛歌としてウェアやアクセサリー全体で使われている。