Sportmax 2019 Resort Collection 過去・現在・未来を行き交う、まるで演劇の対話のようなスタイル

Sportmax(スポーツマックス)2019年リゾートコレクションは、過去・現在・未来を行き交う、まるで演劇の対話のようなスタイルを提案。重なり合ったり、絡まったり、逆さまになったラインが永遠に躍動する体を包み、さらに機能のクロスオーバーと斬新なレイヤードがダイナミズムに拍車をかけます。ドレープ、プリーツ、逆さまのポケット、ウエストまわりに施された大きな襟など、あべこべになったこれらのディテールが、デイリーウェアにフレッシュな“振り付け”をプラス。テクニカル素材のナイロン・ポリエステルに、フェミニンでセンシュアルなプリーツを施した、二面性のあるフード付きジャケット。アウターとスポーツウェアをミックスしたような、レザーのトレンチコート。様々なスタイルが交差し、スポーツウェアの実用的な機能美と伝統が融合した、ノマドルックを生み出します。ナイロン、レザー、コットンポプリン、クレープ・デシン、ポリエステル、カシミヤ、ビスコース、ニット、スエード、コットンサテンなど、これまで以上にバリエーション豊かな素材が、常にしなやかな動きのあるルックを作り出します。クラシックなコートは、スタッドファスナーが付いた羽のように軽いダッフルコートへと変化。ロゴが入ったジッパー付きのレギンスは、シルバーサンダルの上に被さるように。キャロットパンツは、足首をストラップで留めます。ポケット付きのレザーのラップスカートは、パーカと同じメタルのディテールが施されたナッパレザーのシューズとコーディネートして。ボリュームは重力の法則に逆らい、アイテムに新しい命を吹き込みます。黄色いステッチがコントラストになったネイビーのレインコートは上下逆さまで、ウエスト部分に施された斬新な襟のディテールが、体を包み込むようなシルエットを生み出します。パッチワークのようにオーバーラップするスケールの違うドットとチェックは、透け感のあるヴェールの下からのぞかせたり、リバーシブルジャージーの上に重ねてコンパクトなルックを演出。ウエスト部分を結んだジッパー付きのレザーコートドレスは、70年代後半にジャン・シャルル・ド・カステルバジャックが手掛けたスポーツマックスのデザインにインスパイアされています。バックにプリーツを施したコットンポプリンシャツや、まるで小さな着物を思わせるナイロンのボンバージャケット、体に沿うようにデザインされた2ピースのカシミヤニットなど、センシュアリティに新鮮なひねりを加え、コンテンポラリーなノマドルックを完成させます。

■Sportmax