ENFÖLD 2018 Fall/Winter Collection ミニマルに退屈しだしている今、新しいムードを楽しむコレクション

ENFÖLD(エンフォルド)の2018秋冬コレクション。寒い冬に映える温かみのあるビビットカラーに、絶妙なスモーキーカラーをカラーブロックするのが今季のカラーコンセプト。ブランドの強みであるメルトンコートは、ビックカラーやノーカラーが今季のおすすめ。その他にも、ライナー付きの冬トレンチコートやエレガントに見えるキルティングコート、ブルゾンのように着られるショートダウンなど新しいアウターも豊富に提案。コレクションラインでは、マニッシュでオーバーシルエットなジャケットのウエストはタイトに。英国クラシックな香りを放つチェックをヴィクトリアン調なデザインに落とし込んでドレスのように纏う。ニットと紳士シャツをフェミニンに構成したり、スーツをエプロンに見立てたドレス。1枚で完成されるレイヤードドレス。そこにマウンテンブーツやハイテクスニーカーを合わせたりして、自由にいくつもの要素をミックスさせて、ミニマルに退屈しだしている今、新しいムードを楽しむコレクションとなっている。

■ENFÖLD

www.enfold.jp