DAIRIKU(ダイリク) 2018 Fall/Winter Collection “HOME KIDS”

DESIGNER岡本大陸が手がける「DAIRIKU(ダイリク)」。15歳の時に出身の大阪独自のユーズドアイテムやユースカルチャーに影響を受け、VANTANデザイン研究所ファッションデザイン学科に入学。在学中から、自身のブランド「DAIRIKU」をスタートさせる。2016年10月にAsia fashion collectionグランプリを獲得し、2017年2月にNYファッションウィークにて、初となるランウェイ形式で、コレクションを発表した。現在は東京に拠点を移し、2018SSシーズンより本格的に展示会形式でコレクションを発表し、注目を集めている。2018秋冬シーズンは“HOME KIDS”をテーマに掲げ、“友達同士で、ゲームに夢中になっていた少年時代”と“パソコン好きでギークな兄のお下がりの洋服が、大のお気に入りだった”というストーリーをアイテムに落し込んだコレクション。某コンピューターメーカーのロゴをサンプリングし、アメリカ国旗とMIXしたアイコニックなデザインを中心に、古着をベースとしたトレンドのシルエットを落とし込んだブランド独自のアイテムが揃う。ストーリー中の主人公が幼少期を回想した世界観から、誰しもが懐かしいと思えるようなアイテムチョイスがされており、どこかノスタルジックを感じるようなアイテムラインナップとなっている。