See By Chloé Winter 2018 Collection 寒々とした冬のアメリカ中西部で自身にフィットした居場所を見つけたシーバイクロエガール

See By Chloé(シーバイクロエ)の2018 Winterコレクション。寒々とした冬のアメリカ中西部で、自身にフィットした居場所を見つけた今季のシーバイクロエガール。そんな彼女に捧げる今シーズンは、コーエン兄弟によるカルト的フィルム「FARGO」から影響を受けつつ、ボディを包むようなオーバーサイズのアウターに、流れるようなスカートやパンツを合わせソフトな印象に仕上げるなど、独自の世界観を表現。シーバイクロエガールのコーディネートは、一見、長い間存在を忘れ放置したままにしていたアイテム達を引き出し、組み合わせたかのようにも見える反面、このツイストが、彼女のニュースタイルを魅力的に仕上げます。ディテールにも捻りが効いており、パッドの入ったブラウスや寝具を彷彿させるジャケット、カーテンレースのようなクレープデシンのドレス、上飾りのようなラッフルパンツなど、様々なアイテムが家庭で使用しなくなった物をリサイクルした様なユニークなファブリックで作られています。テキスチャーに拘ったニットは、着心地の良さとアクセントになるルックスを兼ね備え、彼女のワードローブに欠かせない存在。これらのトップスとボトムスのバランスを“フェミニン”に統一するのではなく、一部は誰かから借りたのではと思わせるような、カジュアルやボリューム感のある対照的なアイテムをあえて合わせ、コントラストのある要素を。このような“コントラスト”はカラーパレットにも反映。OVERCAST GREYやFROSTED BLUE、DUSTY TEALなどの寒々しいカラーが温かみのある MIMOSA、PISTACHIO、OLIVE、FADED LILA、PALE POPPYとバランスをとり、WINTRY BLUE SNOW WHITEとBLACKを基調に登場。今季のシーバイクロエガールは想像力豊かな上に、様々な素材を自由自在に取り入れます。フェミニンさを表現したい時はコーデュロイ素材のワイドパンツをスタイリング次第でキュロットパンツのように合わせたり、ベロア素材を取り入れたピンストライプデニムを。フローラルのブラウスにはヴィクトリアンレースを加え、ランバージャックチェックにはあえて繊細なレースやクロッシェなどのファブリックを。チェック柄のジャンプスーツを腰周りで結び、柔らかな素材のTシャツと合わせることでユニークなシルエットを実現。流れるようなドレスにはブランケット素材のジャケットを組み合わせ、上品ながらも着心地の良いルックを完成させます。シーバイクロエのロゴがプリントされたスキーニットは重ね着用ではなく、そのままステートメントピースとして。タートルネックとデニムの上にシルバーのシアリングジャケットを羽織ると、カジュアルなグランジスタイルから近未来的なルックに変身します。足元には、緩やかなカーブやアクセントになるスティッチング、後ろのレースアップがあしらわれた都会的なウェスタンブーツ「ANNIKA」が登場。昼は膝丈のスカートやパンツと合わせ、夜はフリルをあしらったドレスと。「GISELE」ブーツはラウンドトウのつま先と、小さなボウが複数施され、ヴィンテージライクなデザインを仄めかし、フェミニンなルックが完成。バッグでは、オーバーサイズのOリングのモチーフがアクセントの「MONROE」が登場し、折りたたみまたはショルダーとして楽しめる2WAYバッグ。シグネチャーバッグの「HANA」は新色が登場し、さらにモンゴリアンファーのショルダーストラップを合わせることでフレッシュな要素を加えます。「JOAN」バッグは初のミニサイズと、こちらにもモンゴリアンファーのショルダーストラップを付着することで、コレクションのテーマにふさわしいツイストを加えます。