AGNONA Fall Winter 2018-19 Collection「SOFT POWER」レイヤード、アウターウェアをキーに女性をノワールなムードに仕上げる

AGNONA(アニオナ)の2018-19秋冬コレクションは『SOFT POWER』アーティスティックディレクターのサイモン・ホロウェイは、女性をノワールなムードに仕上げます。1982年の映画ブレードランナーと、その同時代である1972年から1982年の間に制作されたアニオナマガジンに掲載されたアーカイブを参照。レイヤード、アウターウェアがキーに。コートはピースをつなぎ合わせ、カラーブロックまたはサーモパッディングを。 サテンナイロンのボンバースタイルは、ブランドの典型的なレパートリーである贅沢なファイバーで形作られ、下には「ほとんど裸」のように、ファッショナブルなスポーツブラ、細かいゲージのカシミアとシルクニットのトップス、スリップドレスでバイアスカットのシルクまたはダブルフェイスのセンチュリーカシミアを使用。クロップドフレアやカフ付きのパンツは、ダブルブレストのブレザー、ブルゾン、そしてテーラーリングのボンバージャケットのシルエットを和らげます。ドレスとスカートは、完全に仕立てられたカシミアやメリノウールで、anumentataのテクニックで編まれ、縫い目を増やすと、フレアスカートの形状がシームなしで一枚に仕立てに。シルク・ツイルの代わりにペルシアンラムを使用することで、伝統的なカーディガンには新たな生命が与えられ、ジャンプスーツはカシミア・ジャージーで作られます。今シーズンの重要なファブリックはシェットランドウールとスペックルドツイード。ホロウェイは、アニオナの自社工場で、ブラッシュドカシミア、シルクのように柔らかなドネガルツイードを開発し、フェルトカシミア、シルクとウールニットで模倣。ロング・ナップ・カシミア・ジブリン、ジャンボウールマルフィル、天然のティーセルがセットされたローラーでブラッシュされたロングパイルのアルパカなど、素材は豊かなテクスチャーを備えています。バイカラー、単色のダブルフェイス生地は、アニオナの同義語であり、センチュリーカシミアやモヘア、カシミアで提案。シルクサテンはコントラストとして機能。ファーの代わりに、豊かな色のディグレード・スーリ・アルパカを提案し、カシミアのシェアリングまたはカラーブロックのシェアリング、ペルシアンラムと組み合わせます。ロサンゼルスで活動しているナイジェリア生まれのビジュアルアーティスト、Njideka Akunyili Crosby(ニデカ・アクーニーリ・クロスビー)の作品は、アニオナマガジンからのイメージで構成されたデコパージュプリントにゆるやかにインスピレーションを与えました。パレットにもインスピレーションを与え、ソフトで繊細、ダークでリッチなパレットはメイクアップにも応用されています。