TOD'S Fall Winter 2018-19 COLLECTION「イタリアン アティテュード」すべての物が持つあらゆるしぐさから伝えられる生まれながらの美意識。日常の中にあるエレガンスの物語。

TOD’S(トッズ)の2018-19秋冬コレクションは「イタリアン アティテュード」。すべての物が持つあらゆるしぐさから伝えられる生まれながらの美意識。日常の中にあるエレガンスの物語。軽量で軽快なレザーに凝ったディテールをデザインでプラスし、ワークショップでのリサーチから生み出されたばかりのレザーは、世界を旅する洗練された女性のアクセサリーとなって寄り添い、彼女自身のスタイルが大胆であるように、様々な色を身にまといます。重ね付けしたアイコニックなアイテムたちは、そのジップやリブに秘密が隠され、オーバーサイズのバッグには、チャームやその代わりとなるウルトラミニサイズのレザーアクセサリーによって変化。このウィンターシーズンに新たな注目となるのは、ワックス加工を施したスプリットグレインレザーと、ポリッシュ加工のバーニッシュレザー(ニスのような光沢感のあるレザー)、馬具製造にも用いられるサドラリーステッチと超軽量のダウン(羽毛)パディング。また、レザーのバケツバッグの優雅さを再評価し、新しいスタイルのクロスボディバッグにも変化する”テア バッグ”や、サイドに向かって揺れるレザーコードに遊び心があふれるショッパーバッグ”T ショッピング”、ウエストバッグとポーチをセットにしたようなベルトバッグ”カプセル ベルト”。バイカーブーツのフォルムとイメージによりそのスタイルと存在感が一新した”ウィンター ゴンミーニ”や、冬のキールックとして、秋らしいカラーのレザーやスエードで登場する”ウェッジ”、バックル付きのゲートルがレザーヒールのアンクルブーツにコントラストをプラスした”マスクブーツ”など新たなスタイルで提案するバッグやシューズラインにも注目。飽くなき探究の末に生まれたこれらの成果とともに、未来を見据えながらこれまでのヘリテージを伝えていくトッズ。そのヴィジョンはブランドのDNAを前進させ、現段階では不可能なものやクオリティへと向けられています。新しさと現代性をブレンドしたその先には、レザーとクラフツマンシップ、そしてストリートのバランスによって象徴されたイタリアンスタイルがあり、秋らしい色合いとイタリアらしい美しさが存在しています。