EMILIO PUCCI FALL WINTER 2018-19 Collection スポーツウエアへの愛と画期的なランジェリー

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)の2018-19秋冬コレクション。エミリオ・プッチのアメリカとの結びつき–彼のスポーツウエアへの愛と画期的なランジェリーは50年代にさかのぼります。そこには女性らしさのアイデアを超えたな華やかな迂回路を感じることができます。ジェットセットのオーラとスポーティな精神が混在し、華やかに混じり合い。シルエットはボリューム感のある羽布団、幅広のメルトンダッフルを使用し、滑らかで曲線的であり、細長くダイナミック。ボリューム感があり、ラグジュアリーで実用的なダブルフェイスのコートは機能性と保護機能を備えています。マリリン モンローの典型的な魅力:くびれたウエスト、ハンドペイントがプッチクラシックを思い起こさせるビッグボリュームのスカート、緩めのスリップ、インターシャのキャミソール。クロップドのニットトップスは女性のシェイプをより強調します。つばなしの帽子にまで施された心地よいマウンテンタッチのキルティングで、洗練された雰囲気を醸し出します。プライベートはパブリックへ:Diana Vreelandがかつてエミリオ・プッチの巧みな素晴らしいプリントのスリップを見るよう勧めたように、基盤はドレスへと変わります。連続的に混合する魅力的なスポーティ:シルクジャージーのピースとレースのディテール。マリリンが好んだロングのシルクジャージドレスはブルガリのアーカイブより選ばれた特別なジュエリーで飾られ、アメリカ旅行のジェットセットのオーラをさらに引き立てます。メイクボックスのパウダートーンの美しいパレット。ぼかされたMirageプリントにソフトピンクにブルー、グレー、ダスティーパステルが際立ちます。TulipaniとTrifoglioのアーカイブプリントのなかでパープル、グリーンがトープと混ざり合い、幸せのミックスとしてエミリオ・プッチのロゴが施されます。洗練さと機能性が備わったアクセサリー:プレキシガラスのハンドルが付いたプリント柄とソリッドカラーのミニマルなレザーのショッピングバッグ、スカートからバッグまでオーバーサイズポケットが施されています。そして、キトンヒールのネオンプレーンレースアップシューズやパテントのブーツ。プッチらしい陽気さと共に魅力が溢れています。