CAROLINA HERRERA 2018 FALL COLLECTION『ファッションはミステリー。魔法であり、ファンタジーであり、そして夢である。』

CAROLINA HERRERA(キャロリーナ ヘレラ)の2018 FALL COLLECTION『ファッションはミステリー。魔法であり、ファンタジーであり、そして夢である。』強い意志とグラマー、そして華やかさがテーマ。新しいシーズンに向けて、あなたの身に着けているものがあなたを表現するというメッセージを込めて強いカラーパレットとリッチな素材を利用して女性らしいシルエットに仕上げた。 キャロリーナレッド、パトモス ブルー、ファンタスティックイエローといった鮮やかなカラーパレットにブランドを代表するブラックやホワイトを合わせ、どんなオケージョンにも来ていけるワードローブを提案。ニューヨークに位置するアトリエで作られたアニマルプリントやラメ、オーストリッチフェザーにメタリックのフリンジやミンクファーはラグジュアリーファッションを体現。ウールやカシミヤでできたラウンドショルダーブレザーや、シャープなコートが登場し、スカートは動くたびに裏地に仕込んだシフォンが見え隠れする。夕方を迎えるとシルエットはよりシャープに。チュールでドレープを表現したドレスやシルクのタフタが現れます。女性らしさはブランドにとっての大事な要素の一つ。ピンでタックされたカフスリーブや繊細な刺繍が女性らしさを強調。新しいシーズンはブランドのクチュールクラフトマンシップと着易さ、そしてアメリカのファッションの実用性を融合。そして、今コレクションは37年前にこのブランドを設立したファウンダー:Carolina Herrera流のグラマーを大きく描いたコレクションとなった。また、今回のニューヨーク近代美術館MoMAで行われたランウェイショー後より、キャロリーナ・ヘレラがグローバルブランドアンバサダーとして活躍することを発表。これに伴いアメリカ人デザイナーWes Gordon(ウェス・ゴードン)がクリエイティブディレクターに就任した。ゴードンは、ニューヨークベースのファッションハウスのデザインとアーティスティックディレクションを担当することとなる。