MICHAEL KORS COLLECTION FALL 2018「ICONIC/ECLECTIC」バレンタインをパーソナルスタイルに

ニューヨークのリンカーン・センター内ヴィヴィアン・バーモントシアター(The Vivian Beaumont Theater)にて開催された『MICHAEL KORS COLLECTION(マイケル・コース コレクション)』FALL 2018ランウェイショー。ICONIC/ECLECTIC…FALL 2018 バレンタインをパーソナルスタイルに。異なるスタイルのミックス、ワードローブのアイコン。 大胆なタータンとストライプ、ロマンティックな花柄とドット、フェア島。 アーガイルとグラフィカルなレオパードとゼブラをあしらった生地、無骨なカモ柄とクチュール・フローラルの融合。メンズウエアのテーラリングとフェミニンなランジェリーの組み合わせ。ソフトなラッフルとスポーツウエア。ミクストメディア、モダンなカクテルドレス、エフォートレス トレイン、流れるようなパニエ。そしてマイケル・コース初となるコラボレーションのイラストレーション。イギリスのイラストレーターDaivid Downton(デイビット・ダウントン)との独特のスタイル。個性のあるシューズに、ポインティのキトン・ヒール、マウンテンブーツ。華やかなシャワーサンダルや、チャンキーな 70年代のプラットフォーム。チャーム付バッグ、リュクスなショッピングバッグ、グラマーなパールとダイアモンドのジュエリー。粋なフェルト帽とオーバーサイズのマフラー。マイケル・コースのメンズは、アイコニックなアイテムに施したモダンなツイスト、スラウチーなトレンチと細身のピーコート。ワイドレッグジーンズ、フーラードのパジャマ。シャーリングとモヘアの荒いテクスチャー、レオパードと大柄の格子やチェック、タータンとの組み合わせ。ラグジュアリーなバッグ、ウェイークエンダー、メッセンジャーバッグとトート…光沢のあるクリーパー。