CALVIN KLEIN 205W39NYC 2018 Fall Collection「LANDSCAPES:風景」

ニューヨークシティの金融街にあるアメリカン証券取引所で発表された2018年秋の『CALVIN KLEIN 205W39NYC』。チーフ・クリエイティブ・オフィサーのRaf Simons(ラフ・シモンズ)は「今回のコレクションは、カルバン・クラインに対する私の思想―アメリカ社会に対する考察―が進化したものですが、さらに幅広く、ユニバーサルなものになっています。アメリカ大陸の発見、1960年代の宇宙開発争、21世紀の情報化時代について、旧世界と新世界の出会いを象徴的に表現しています。民主主義の観念を反映して、文化の階層は一切ありません。ここで組み合わされているものは、それらの意味、それらの持ちえる物語から服を解放し、コラージュとして何かこれまでとは違うもの、異なる夢の発見へといざないます。他の何よりも、今回のコレクションは自由を表現します。これこそが、アメリカ、そしてカルバン・クラインを定義付ける言葉です」とコメント。「LANDSCAPES:風景」と題された今シーズンのランウェイショーは、映画撮影用の防音設備を施したスタジオを瞬時に思い起こさせる、大規模で空想的な場所で開催。背景はカルバン・クラインが最近発表した作品を再構成したもので、スターリング・ルビーが制作したインスタレーションの一部が、CALVIN KLEIN 205W39NYCの2018年春のキャンペーンで使われた19世紀の大草原の納屋を背景に並び、納屋の囲いには同コレクションで使用されたアンディ・ウォーホルのビルボード大の作品の写真が貼り付けられ、その傍らにはエアダクトの管が飛び出して、異星にある科学実験室の雰囲気を漂わせている。床にはポップコーンが吹きだまりのように厚く敷き詰められ、遠くから見ると雪のように見える。コレクションと会場では、カルバン・クラインとアンディ・ウォーホル美術財団との間で進行中のマルチコラボレーションも紹介。1949年から劇場用短編アニメーションとして公開されたワーナー・ブラザーズのルーニー・テューンズのキャラクターであるワイリー・コヨーテとロード・ランナーも、厳選されたアイテムに採用。後者は子供時代の無邪気さ、アメリカの若者についてもっとも大切な概念を思い起こさせ、それはアメリカン・ドリームを探求する寓話とも見なすことができる。