08sircus Womens Autumn Winter 2018-19 Collection ヴィンテージとコンテンポラリーが共存するモダンレトロスタイル

08sircusのWomens 2018-19秋冬コレクションのテーマは「ヴィンテージとコンテンポラリーが共存するモダンレトロスタイル」。今シーズンは、レトロな色味やファブリック、80年代を彷彿とさせるワイドロングなシルエットを織り交ぜつつ、拝みのテクニックが効いたコーデュロイブルゾンやしなやかで変則的なドレープなどコンテンポラリー且つ立体的なシルエットでモダンなムードを造り出す。コーディネートにはメンズのパーカーやブルゾンをミックスし、ストリートライクなアクセントを加える。カラーはブラウンやベージュ、カーキのクラシックな色味に、くすんだ色とりどりのピンクやブルーなどヴィンテージ感漂う色彩が折り重なる。レトロなスカーフパターンは繊細なサテンやシフォンを用いてプリーツやドレープで複雑な柄の陰影を表現。FABRICは、ドットや幾何学、いくつもの柄と色を組み合わせたヴィンテージスカーフパターン。ワッシャーを施してランダムな毛並みが表現されたレッキスラビットのエコファー。大きな花柄を大胆にあしらった鮮やかな色味が重なり合うカットジャガード。モダンアートを思わせるダブルジャガードニット。クラシカルなモチーフ柄を昼夜で織り上げたサテンジャガード。滑らかな肌触りの上質なインドのシャンカールコットンコーデュロイ。イタリアLyria社のモヘアとアルパカを使用したラグジュアリーなツィード。

■08sircus

http://08book.jp/