TORY BURCH Fall/Winter 2018 Collection クラシックなテーラリングとミックスしたフェミニンなレイヤード、ロマンチシズムがコレクションのムードを定義

TORY BURCH(トリー バーチ)のFall/Winter 2018コレクション。「リー・ラジヴィルのエフォートレスなスタイルに始まり、ピナ・バウシュの舞台”ネルケン(カーネーション)”からインスピレーションを得た一面に広がるカーネーションに至るまで… ロマンチシズムが2018年秋冬コレクションのムードを定義しています。クラシックなテーラリングとミックスしたフェミニンなレイヤード、現代的に解釈された更紗、テクスチャーとプリントのコントラスト。これらのアイデアはアクセサリーにも含まれ、バッグやポインテッドトゥシューズに反映されています。」とトリー・バーチはコメント。リラックス感がありながらもフェミニンなディテールによって洗練されたシルエット。スカーフのヘムラインがついたフルイドドレスは、トムボーイジャケットとトリムブレザーと合わせてバランスをとっている。レイヤードされたアウターは、クラシックなピーコートからブランケットポンチョに至るまで、エフォートレスな雰囲気。カラーパレットは、アイボリー、ペールピンクとレッドとリーフグリーンのコンビ、ディープバーガンディ、そしてシグネチャーカラーであるトリーネイビー。折衷的なミックスはブランドのボヘミアンスピリットが表現され、プリント&柄は、複数の配色パターンで登場し、現代的に解釈された更紗は花柄のパッチワークの上に重なり、ストライプとクラシックなチェックとのコントラストを生み出す。リラックス感あふれる素材は、繊細なレースとオーガンジーからウール、カシミヤに至るまで、構築的なポプリン、コットンチノ、ボンデッドウールサテンとは対照的な存在感。カスケードラッフルはオーガンジーで縁どられ、花柄はバーンアウトヴェルベットの中に表現。一方で、トップステッチが施されたポプリンとスナップボタンはスポーティな要素をもたらす。アクセサリーはナチュラルでエフォートレスな洗練されたスタイル。リー・ラジヴィルにちなみ名付けられた異素材のハンドバッグとポインテッドトゥブーティはクリーンで現代的なラインをもたらす一方、ウィッシュボーンと繊細なメダリオンペンダントネックレスは幸運のお守りを意味している。