Neil Barrett Autumn / Winter 2018 Collection マスキュリンなユニフォームの原型の再構築

ニール バレット(Neil Barrett)の2018年秋冬コレクションは、メンズウェアの新しい解釈として、マスキュリンなユニフォームの原型が再構築されている。スクール、オフィス、デニム、スポーツウェア、テーラリング、ミリタリーウェア。あらゆるウェアがユニフォームという概念に基づいている。インスピレーションとなったのは、新世代のデザイナーたちがメンズウェアの装いに変化をもたらした1990年代中期。ブランドは、当時から伝統とテーラードスーツのルールを再定義する提案を続けてきた。そして今シーズン、それらのスーツはドレスコードを探求するスタート地点と位置付けられている。また、今回のコレクションでは、一見類似したルックが”brothers”として並べて発表され、微妙に異なるディテールがより引き立つように。現代におけるマスキュリンで新しいユニフォームを提案する、ニール バレットの2018年秋冬コレクションをチェックしてみてはいかが。