GIVENCHY Pre Fall 2018 Collection 都会的なインフルエンスとクチュールの感性、新しいジバンシィの姿勢の証

ジバンシィ(GIVENCHY)が発表した2018年秋冬プレコレクションは、クレア・ワイト・ケラーによる初めてとなるウィメンズ及びメンズのプレコレクション。パーソナルなつながりやプライベートなセッティングを好むデザイナーの意向から、秋冬プレコレクションのルックブックは、イギリス・ケントの個人邸宅で撮影された。自然体なポーズや姿勢によって服のリアルな魅力が伝えられている。アーティスティック ディレクターのクレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)のデビューコレクションと同様に、今回も、男女の境が曖昧にされ、メンズではエンブロイダリーイブニングピース、ウィメンズではシャープなショルダー仕立てのシルエットが登場。ウィメンズとメンズのどちらが着ても違和感がないミックス&ミングルなコレクションに。シャープなテイラリング、スタイリッシュな4Gエンブレムセーター、ポインテッドブーツといったアイテム、レッド、ブルー、アンバー、ブラックのカラーブロッキング、そして新作の”GVバケットバッグ”がシーズンの方向性を示している。ジバンシィの2018年秋冬プレコレクションから、都会的なインフルエンスとクチュールの感性を感じて。